無職脱出から昇給まで独自の視点で就職・転職をサポート。おすすめ求人サイトの紹介、仕事術や暮らしの知識などキャリアアップに役立つ情報も満載です。

転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル

就職

新卒で安易にベンチャー企業に行くべきでない理由

更新日:

新卒でベンチャーは避けた方が良いです。理由は単純。

大企業からベンチャー企業への転職は簡単な一方、その逆(ベンチャー⇒大企業)は極めて難しいからです。

つまり、半端な覚悟でベンチャーに行ってしまったら、大半はもう大企業に転職したくてもできない、という状況になります。みすみす自分から人生の選択肢を減らしに行っているようなもの。

それでもあなたは、ベンチャー企業に行きたいですか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なぜベンチャーから大企業へ転職できないのか

でも、なぜそんなことになるのか、腑に落ちない人もいるでしょう。

だって、本来大企業にも就職できるスペックを持ったあなたがベンチャー企業に入社したところで、あなたはあなた。何も変わらないはず。

変わったことは、ベンチャー企業に入ったこと。

それなんですよ。

既に耳にしている人も多いでしょうけど、一度社会に出たらそれまでの経歴は意味を持たなくなります。

でも、一番上の経歴は生き続けるんです。肩書きとしてね。

そしてその肩書きというのが、この社会を生きていく上で、相当デカい意味を持つのです。

見えない階級の存在

中小企業やベンチャーに行けば大企業では任せられない仕事ができる。それだけ実務能力は鍛えられるのは、その通りです。

でも、社会に出たら実力勝負だという人がいたら、質問です。

実力って何ですか?

年収の多寡ですか?経験した仕事の金額のデカさですか?役職?関わった人の偉さ?

マネジメントした人数?文書作成能力?

プレゼンの上手さ?話術の巧みさ?

一定の事務処理能力とコミュ力があれば、会社の業績を劇的に上昇させるくらいの成果でもあげない限り、そんなの表しようがないんですよ。

考えてみれば、社会における実力に定義なんてないんですよね。実質無能でもコイツはできると思われれば有能なんです。

なぜ小さな会社の社長は大企業の部長に頭を下げるのか

なぜ企業間で格差が生まれるのか。大きな理由は会社名(ブランド)と資金力の2つです。そして企業間の差は中で働く社員の意識にも影響します。

製造系なら元請けに馬鹿にされ無理を言われて、それがもし昔、自分が就職できたはずの会社だとしたら…?

耐えられますか?

朝から晩まで働いても給料は大企業より安いですよ。スキルややりがいの面なら中小に軍配は上がることもあるでしょう。細かなルールに縛られず自由度は高いかもしれません。どちらを選ぶかです。

しかし、ベンチャー企業にいるのが嫌になって、「もう耐えられない!転職したい」となっても、もうその時点であなたのレベルというのが、今いる会社で判断されるんです。

人にも会社の間にも、見えないレイヤー(層)があって、ガラスの壁と天井で、社会は区切られているんです。

人手不足だ何だと言いながら、実際はポテンシャルの高い人間はゴロゴロしてると思います。ただ彼らを見つけられず、育てるだけの余裕と能力がないだけでしょ。

今はダメだけどやればできるヤツは実社会じゃできないとの同じ。

それとも、ベンチャーですらやってけない人間が起業しますか?

難関資格取って独立しますか?

毎日へとへとになって帰宅した後勉強できますか?

迷うぐらいならとりあえずは大企業に行った方が良いですよ。私はそう思います。

エリートはきれいごとを言うのも仕事

正論って、強者しか吐けないんです。

学校でもそうだったでしょ。

で、弱者の意見は黙殺される。

なぜあなたたちが迷うかっていうと、そういうことなんじゃないですか。

皆が現実的なことを言う。それに対して、一人の成功者がそれは違うとカッコイイことを言う。

どっちが正しいか?

「そりゃ成功してる方じゃないの」という論法。

自分も成功者のようになりたいから、成功者のいうことに従いたくなる。成功者の側の人間だと信じたいんですよね。それは分かります。

「これからの時代は学歴なんて関係ない!」

そう声高に主張する人達の息子や娘を見てください。最低でも慶應、早稲田、MARCHくらいは出てますよ。海外の大学に留学させてる人もザラですね。

価値観がもとから違うんです。

それでも自分はベンチャーに行くんだって人は、どうぞそうして下さい。

何を言われても止まらないくらい狂ってないとそっちで成功なんてできませんから。ベンチャー側に向いている人が、あくまで少数ですが、存在することもまた事実です。大企業ではできない仕事をすることもできます。

ただ覚えておいてください。

一度ベンチャー側に行けば、あなたは「そちら側」のレイヤー(層)の人間として扱われます。

十数年後、大企業のそこそこのポストに飽きて地方の中小企業に転職し、役員にでもなって、好きなように高禄を食みながら仕事する人がいる一方で、あなたはその人の下で、代えのきかないイチ課長として、いまだ馬車馬のように働き続けているかもしれないことを。

何だかんだ言おうと、現状の労働市場で転職を重ねることは不利です。できれば後悔しない就職をしてほしいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

-就職

Copyright© 転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル , 2018 All Rights Reserved.