語学

勉強してるのにTOEIC800点を越えない時にやるべきこと【体験ベース】

投稿日:

TOEICで800以上を取ろうと思えば、それなりに勉強量はこなしているはず。

なのにスコアが上がらない時、どうするか。

「英会話学校や留学なしでは、ここが限界なのか?」と気持ちが折れそうになりますが、この壁を越えれば、900越えまでもうすぐです。

高卒でも留学経験なしでも問題なし。

この記事ではTOEIC800点を越えるために私がやったことも考慮しながら、スコアアップのためにすべきこと、意識すべき点を解説します。

TOEIC800直前で足踏み状態になった時の対処法

私の場合、勉強開始から約半年後に受けたTOEICで790点を記録。

ここまでは、学生時代ぶりの英語に手さぐりながらも、TOEICのスコアは順調に伸び続けていました。

しかし、次は800以上を取ろうと英語に励んだものの、その約3ヶ月後のTOEICでは750点と後退。

受験時の手ごたえは良くなかったとはいえ、正直、結果を見て困惑しました。

「下がってるじゃねーか。なんで?」

私の英語学習はTOEICに特化していなかったとはいえ、純粋な勉強時間は確実に増えていました。それに、それまでの積み重ねもあったはず。

この経験からわかったのは、まずTOEICテストは受験する回によって誤差が大きいこと。

どうやら±50ぐらいは普通のようで、「何もしてないのに前より点が上がった~」なんて方も結構います。

が、高得点を実力で目指すなら、結局は言い訳です。取れる人は多少問題が難化しようが800、900を割ることはありません。

どんな状況でも安定して高得点が取れる実力を身に付けなければなりません。

ピンポイントにTOEIC対策に切り替える

TOEICの点は、TOEICの勉強をすれば伸びます。これは間違いない。

TOEIC特有の問題形式に慣れるだけでもスコアアップの要素たりえるでしょう。

実は私は、TOEICだけではなく「使える英語」を学びたくて、オンライン英会話やライティングの勉強もしていました。

その分、総合的な英語力は人よりあるとは思っていましたが、TOEICの点が欲しいなら、素直にTOEICの問題集をやるべき。そう腹をくくって公式問題集を回すことにしました。

もう1冊、最も役に立ったのが『新TOEIC(R) テスト 900点突破 20日間特訓プログラム』という問題集です。

それまでこの手の本には手を出していなかった分、問題を効率的にこなすための多くの情報を吸収できたように思います。今は少し古くなってしまいましたが、類似のコンセプトを掲げた参考書・問題集はあります。

▼他に教材を使用しているなら、TOEIC対策だけに何冊もいらない

例:公式問題集+目標スコアに応じた対策本1冊

あれこれ手を出すのは、消化不良になるのでおすすめしません。特に時間の足りない方は1~2冊の問題集を回して血肉にするつもりで。

英語に触れる時間を増やす

TOEICのスコアが伸び悩んだら、どこかで英語に触れる絶対量を増やさなければなりません。と書くと、勉強時間を増やすべきと考えがち。そうじゃないんです。

机上の勉強時間も増やせるなら増やした方が良いですが、もっと英語に触れる時間を作る方が大事だと感じます。

英語を聴いて、話して、英語で考える時間。どんな試験でも準ネイティブクラスの成績を目指すなら、英語を直読直解する力を磨かなくてはいけない。

そのためには、英語のインプットアウトプットが自然に行えるよう、頭の中の英語回路を育てるしかないです。

これが他の資格試験と違うところで、効率的に知識を積むだけではダメなんです。

英語は言語で、よく言われるようにスポーツとか楽器に近い。形式知より暗黙知的な能力のウエイトが高い気がします。

洋画を見たり、洋書を読んだりで構いません。意識の高い方はオンライン英会話も取り入れてみましょう。英語の中に身を置いて、体に染み込ませる段階が必要です。

私の感覚だと、机上の勉強だけだと700後半~800前半で頭打ちするんじゃないでしょうか。

もしそうなら、英語に触れる量を増やす良いタイミングです。ちょうどTOEIC700後半くらいなら、洋書多読を始めるのにもちょうど良い実力が備わっているはず。

基礎固めをする

基礎が覚束なくても、地頭のある人や英語が得意な人なら、力任せにTOEIC対策をするだけでも700~800は取れます。

意外な所で失点していませんか?

「こんなの今さら・・・」と切り捨てず、単語・文法、発音に至るまで、曖昧な箇所は炙り出して足元から固めておくことをおすすめします。スタート時より実力が付いた今だからこそ、基礎も深く理解できます。

ここまでで得点の足枷として考えられる原因には、

  • TOEIC対策が不十分
  • 英語に触れる量が足りていない
  • 基礎が実は危うい

などが挙げられます。

どれから手を付けるべきか。人によって違います。TOEIC対策だけ集中的にやれば良い人もいれば、基礎からやり直した方が良い人もいるかもしれません。

どうやったら自分に適切な対策がわかるのか。

そのために要求されるのが、自己分析力です。

独学力をつける

TOEICの成績表は不親切な分、自分で問題を解いたりする中で、弱点を発見し、補強するプランを立てる自習の力も必要です。

この辺りは独学が得意な人とそうでない人で別れるようです。

成績は優秀でも、「これまで予備校や大学のやり方に従っていました」という方は、自分で自分の勉強法を作るのは苦手だったり。

しかし高スコアを目指すには、勉強の精度の向上が不可欠です。

これまでは市販の製品で間に合っていたものが、より高みを狙うために自分に適した道具を探さねばならないのと同じ。上達した証拠ですね。

つまり、自分に合った勉強をすることが求められます。

無理に人の作った鋳型に自分を当てはめるのは、若いうちはまだ良いですが、年齢を重ねるにつれ苦痛になります。

10代の頃は同じ制服を切れていた人たちも、個性が育つと着る服選びはシビアになります。ハイブランドでも裾上げが必要だったり、体型に合わないものもあります。

一流の指導者の勉強法も、個人のスタイルに合わせたカスタマイズを考えるべきです。

諦めずやり続ける

どんな分野、どんな試験でも勉強してれば停滞期はあります。

それでもやり続けるうちに、ブレークスルーが起きて成績が跳ねあがる。受験であれ資格試験であれ、似たような経験がある方もいるかと思います。私は行政書士試験でも、テレビゲームでさえ、そんな感覚がありました。

ゲームでもスポーツでもそう。練習を続けるうちに、できなかったことができるようになる。そうやって身に着けたことは、容易には忘れません。

スコアが上がらなくてモチベーションが落ちても、半信半疑でも、まずは諦めず続けることです。ただ盲目的にやるのではなく、自己分析はやる。

「なぜスコアが伸びていないのか? なにがいけないのか?」

都度自らに問うことで、自分なりの学習法が確立していくのではないかと思います。そうやってもがいているうちに、TOEICのスコアも意外な上昇を見せるものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-語学

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.