無職脱出から昇給まで独自の視点で就職・転職をサポート。おすすめ求人サイトの紹介、仕事術や暮らしの知識などキャリアアップに役立つ情報も満載です。

転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル

語学

TOEIC600点VS英検2級!より評価が高いのはどっち?

投稿日:

TOEIC600点と英検2級。どちらかしか持っていない人も、両方持っている人も、気になるのはどっちの方が高い評価を受けられるかでしょう。

このブログとしては、ずばりTOEIC600の方を高評価したいと思います。

その理由を説明していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なぜTOEICをおすすめするのか

ビジネスでの認知度が高い

英語の資格といえば英検だったのは、10年以上は昔のこと。今やTOEICは英語力を計る試験として日本で知名度を誇っています。

大学~社会人層においては特に顕著で、英検は全然持ってないけどTOEICは受けたことがあるという方も増えてきているのではないでしょうか。

TOEICの問題はビジネスにおけるEメールや広告、コミュニケーションが題材になっていることも多く、仕事で使える英語が身につきやすいのも特徴です。

このような理由から就職活動では特にTOEICのスコアが重視される傾向にあります。

また、英検よりもTOEICを取るべきもう一つの理由として、より細かく受験生の区分が可能な点があげられます。

実力が細かく判別できる

TOEICで600点取る人と英検2級の所持者の実力がイコールとは限りません。

データが古いものしか見つからないので何とも言えませんが、TOEIC600点は英検の級に換算すると2級~準1級といえます。

英検2級はTOEICでいえば500点前後と考えるのが妥当なようです。

しかし、英検2級保有者でもTOEICで300点しか取れない者もいれば、700点近く取ってしまうような人がいるのも事実。

英検は同じ級の保有者の中での幅が広すぎるのです。

その点、TOEICは5点刻みで総合スコアが発表されますので、英検よりも細分化した実力がわかります。より自分の正確な英語力を企業にアピールできるという点では、TOEICの方が優れているのではないでしょうか。

取りやすさから見てもTOEICはメリットが大きい

受験料・日程から見ても得

多忙な社会人からすると、毎日英語の勉強に費やせる訳ではないですよね。それに試験日が決まっていても、その日に急な出張や外せない会議が入らないとは限りません。

受験する級や場所にもよりますが、英検の試験は年3回程度です。対してTOEICは10回以上試験が開催されています。

費用面でも、英検は本会場での試験の検定料が、

1級 準1級 2級 準2級 3級 4級 5級
8,400円 6,900円 5,800円 5,200円 3,800円 2,600円 2,500円

となっています。

TOEICは1回5,725円 (税込)。1回分の受験料は英検よりも安いです。年に複数回受けまくると断然TOEICの方が費用はかさみますが。

勉強しやすい

もう一つ社会人に嬉しいのは、TOEICは問題形式にほとんど変化がないこと。

これって裏返せば、ずっと受け続けていたら慣れることができるとも言うのですが…。それはさておき、英検は級が上がるたびに問題の出題形式が微妙に変化していきます。なので都度、対策が必要になるのです。

対策しなくても地力があれば点は取れますが、ちょっと非効率的。

TOEICは出題形式が一緒の試験のなかでのスコアの高低を計ります。500点の人も900点の人も同じ試験を受ける訳です。

ということは、いま500点しかない人でもTOEICの対策をじっくり続ければスコアを伸ばしやすいといえます。これも余計な試験対策をする暇がない会社員の方にはメリットではないでしょうか。

まとめ

このページではTOEIC600点と英検2級レベルでは、どちらの方が評価が高くお得なのかを見ていきました。

当ブログではTOEIC600の方が有利と判断。その理由として、

  • ビジネスに直結する
  • スコアが細かく表示される
  • 試験日が多い
  • 対策しやすい

以上の点に注目しました。

もちろん、英検にも勉強・取得するメリットはあります。

ABC
大学生はTOEICと英検どちらを優先して勉強すべき?

TOEICと英検。日本の学生に馴染みがある英語資格ツートップですね。 どちらを優先して勉強すべきか。これは勉強する大学生が、何を目標とするかによって変わってきます。 目次1 就職活動に強いのはTOEI ...

続きを見る

↑の記事でも説明しているように、評価だけ見るならTOEICですが、英語力を底上げするなら英検の方が向いています。

最終的にはご自身の環境や実力とも照らし合わせながら、どちらを優先するか決めて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

-語学
-,

Copyright© 転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル , 2018 All Rights Reserved.