語学 資格

TOEICとTOEFLどちらが日本の就職活動に有利?実用性と違いを比較。

更新日:

悩むビジネスマン

大学進学や就職活動を控えて、英語を勉強しようという方も多いと思います。

そこで目標になるのがTOEICTOEFLなどの資格。

しかし、英語を使って仕事がしたい方は、TOEICとTOEFLのどっちを勉強すべきなのでしょうか。

この記事ではトーイック・トーフルそれぞれの違いを確かめながら、どちらに集中すべきか考えていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

TOEICとTOEFLの違い

まずTOEIC(トーイック)とTOEFL(トーフル)の基本的な違いをおさえておきましょう。

  • TOEICビジネスでの英語力を計るテスト。TOEFLよりも難易度を低く作られた。
  • TOEFL:大学・大学院などアカデミックな場での英語力を測定するテスト。世界的にはこちらが圧倒的にメジャー。

両者の違いを簡単に表すと、以上のようになります。

そもそもTOEICテストは、いきなり日本人がTOEFLに臨むのは難易度的に難しすぎるだろうという理由から、ETSというアメリカのテスト開発期間に要請して作られました。

TOEICをメインに実施しているのは日本と韓国くらいです。

一方のTOEFLもETSにより創設されましたが、こちらは元から高等教育機関に留学する人達の英語力を判定する目的で作られています。

したがって、TOEICとTOEFLでは、テストで判定する英語力の種類が違っているといえます。

実際の問題を解くと一目瞭然ですが、TOEICはビジネスに直結するメールや職場での会話が問われるのに対し、TOEFLは学術的な単語力やコミュニケーション力が問われています。

日本での就職狙いならTOEICの方が良い

一部の帰国子女など、既に英語力に自信のある人でない限りは、まずはTOEICから受験することをおすすめします。

理由を挙げると、主に以下の3つが考えられます。

  1. 知名度が高い
  2. 勉強しやすい
  3. 評価されやすい

知名度が高い

まずTOEICは知名度が高く、とりあえず高得点を持っていれば様々な方面で役に立ちます。800点や900点取っているだけで大学の単位をくれるところもありますし、何より日本での就職活動でインパクトがあります。

TOEFLで同等のスコアを持っていても、悲しいことに日本の人事はそれがどのくらいの実力かわからないのです。

勉強しやすい

TOEICから勉強すべき理由の2つ目は、学習のしやすさにあります。

TOEFLに比べ、参考書や動画での解説が充実しています。数ある学校や教材の中から自分に合ったものを選べますし、それだけマイペースで効率よく勉強を進めることができます。

評価されやすい

就職した後も、TOEICのスコアに応じて職務手当を支給してくれる企業はあります。一方でTOEFLのスコアは追加の手当を要求するにも、説明が必要でしょう。

しかも外資系の企業となると、そもそも他の従業員もTOEFLを勉強して海外の大学を出ている訳で、中途半端な英語力はアドバンテージになりません。

英語力をわざわざ評価してくれるのは日系企業であることは覚えておくべきでしょう。

留学を考えているならTOEFL

ここまで一貫してTOEICの受験をおすすめしてきました。

しかし、海外留学や海外での就職をお考えなら話は別です。

先ほど申し上げた通り、海外でTOEICの知名度はほとんどありません。日本と韓国だけで盛んに受けられているテストですからね。

アメリカやイギリスを中心とした海外の大学に留学する場合は、TOEFLスコアが基準になります。

例外的にTOEICで900点以上を獲得していたり、英検1級・準1級を持っていれば留学を受け付けてくれる学校もあるのでTOEICの勉強がまったくの無駄になることはないですが、世界でのスタンダードはTOEFLです。

それよりも大学に入ったら授業は専門用語、学術用語が飛び交う訳で、TOEICの英語力では役に立たないでしょう。どの道TOEFLで高等教育を受けるための英語力を培う必要に迫られます。

まずはTOEICから始めるべき

TOEICかTOEFLかで迷っているなら、まずはTOEICの勉強から始めるべきです。

というのは、試験を受けるにもTOEIC1回の受験料が5,725円に対し、TOEFLは230USドル。1ドル=110円で換算すると、25,300円で4倍以上の値段の差があります。テキストなどの教材もTOEFLの方が割高な傾向。

ただ実力を計るためだけに受けるには、少し高すぎるとは思いませんか。

受験料のほかにも、TOEFLは申込からすべて英語で行います。英語力の足りない方には試験に辿りつくだけでも苦行ですし、ただの時間とお金の無駄にもなりかねません。

レベル的にはTOEICでスコアが700後半にも到達していないのにTOEFLを受けても苦痛だと思います。

まずはTOEICの勉強をして、英語力を基礎から固める。それから自信がついたらTOEFLに移行するのでも十分間に合います。語学は焦ってどうなるものでもありません。

TOEIC・TOEFLいずれを受験するにせよ、目標を定めて、じっくり取り組みましょう。

今すぐ始めるTOEIC対策アプリ

語学学習は言語に触れる時間を多くとることが大事です。

そうはいっても、他に学業や仕事で忙しい方は、スキマ時間を上手く活用できるかが学習の鍵になります。

あなたの貴重なスキマ時間を最大限有効に活用するためのサポートになってくれるのが、スタディサプリENGLISHです。

スマートフォンがスタディサプリをインストールするだけで持ち運べる英会話教室に変わります。当然TOEIC用のコースも充実。200点以上スコアアップした利用者の声もあります。

英語学習者なら必ずインストールしておきたいアプリですね。

まとめ

この記事の内容の要約です。

  • TOEICとTOEFLは目的が違う
  • TOEICの方が始めやすい
  • 海外志向ならTOEFLの方が有利
  • TOEICを受けてみて決めよう

以上です。

TOEICにしろTOEFLにしろ、実践的な英語力を身につけるにはやはり実際に人と話すのが一番。

受験勉強が参考書を読むだけでなく問題集を解くことが重要なのと同じく、英語も目や耳から吸収した言葉は口や手で使うことがレベルアップにつながります。インプットだけでなく、アウトプットも必要なのです。

でも近くに良い英会話学校がなかったり、専門のスクールは会費も高く通いにくい方も多いでしょう。

そんな方は、レアジョブなどのオンライン英会話を補助的に活用してみることをおすすめします。TOEICのスコアを伸ばすコースもありますし、無料で体験受講できますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-語学, 資格
-,

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.