無職脱出から昇給まで独自の視点で就職・転職をサポート。おすすめ求人サイトの紹介、仕事術や暮らしの知識などキャリアアップに役立つ情報も満載です。

転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル

資格・勉強 語学

大学生はTOEICと英検どちらを優先して勉強すべき?

更新日:

TOEICと英検。日本の学生に馴染みがある英語資格ツートップですね。

どちらを優先して勉強すべきか。これは勉強する大学生が、何を目標とするかによって変わってきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

就職活動に強いのはTOEIC

英語の資格を一般企業への就職活動に生かしたいなら、断然TOEICを優先すべきです。

英語があまりできないビジネスマンにもTOEICの知名度は浸透してきましたし、評価の基準もしっかり設けられています。問題もビジネス英語が中心ですので、就活との相性も抜群です。

古くから知られているのは英検(実用英語検定)の方なのですが、歴史があるがゆえの問題もあります。

英検の知名度ゆえのデメリット

例えばあなたが英検2級を持っていて、面接官が「ああ、自分も3級なら持ってるよ」と食いついたとしましょう。

話のネタにはなります。が、面接官からすれば、昔のことを正確に記憶していませんし、級が違えど自分が取得したことのある資格が、どうしてもすごいと思えない面もあります。

英検はランクの区切りが大まかなのも判断に悩みます。

TOEICなら5点刻みで点数に表れますが、英検で就活に使えるのはせいぜい1級から2級くらいでしょう。区分けすると、1級、準1級、2級の3つしかありません。

仮に英検2級の人がTOEICを受けると、スコアは同じ2級保有者の間でも500~700くらいに散らばってしまうんじゃないでしょうか。

英語検定も1級を持っていれば英語力があることは文句なしに伝わるでしょう。それ以外の級だと、採用担当者の知識次第では、折角とった資格が、実際の難易度より軽く見られてしまう可能性があるということです。

もちろん資格の価値は正確に把握しているビジネスマンも多いのですが、あくまで就活での強さで見れば、TOEICです。

英語力を総合的に伸ばすなら英検

では英検は勉強する価値がないのか? 決してそんなことはありません。

TOEICはビジネスでのリスニングとリーディングに特化した試験です。それ以外の分野の英語についてはあまり触れられません。

TOEICにはスピーキングやライティングの能力を判定する『TOEIC Speaking & Writing Tests』などもありますが、就活で評価されるのは、「聞く」「読む」力を計る『TOEIC Listening & Reading Test』の方です。日本人らしい評価の仕方ではあります。

それゆえ、TOEICの勉強だけだと、日常会話から英語ができるようになるのは難しいです。

対して英検は筆記試験(一次)と面接試験(二次)に分かれており、総合的な英語能力が計れます。とはいえ、準1級くらいまで行かないとあまりスピーキングの問題も難しくなかったとは思いますが、まったくやらないよりはマシ。

人前で英語を話す試験形式が嫌だから、何となく英検の受験を敬遠していた人もいるんじゃないでしょうか。

その考えは捨てるべきです。言語を話さなくてどうするんですか。

英検は日常会話~学術的な話題まで触れていますから、学生さんにはむしろこちらの方が馴染みが深いかと思われます。トータル面で見れば、バランスよく英語力を測定できる試験です。

実用性についても、英検は大学の単位認定や海外留学の選考基準にもどんどん取り入れられています。

1級や準1級を持っていれば、間違いなくメリットは大きいですよ。

英語教師など専門職を目指す人は?

将来、本格的に英語を使った仕事がしたいという方もいると思います。

英語力を計る試験も調べると多く、有名どころだけでもTOEIC、TOEFL、英検、国連英検、IELTSなどがあります。

それぞれ活かせる分野に違いがありますから、将来の進路に合わせて取得を考えてみましょう。

勉強する子猫
TOEICとTOEFLどちらが日本の就職活動に有利?実用性と違いを比較。

大学進学や就職活動を控えて、英語を勉強しようという方も多いと思います。 そこで目標になるのがTOEICやTOEFLなどの資格。 しかし、英語を使って仕事がしたい方は、TOEICとTOEFLのどっちを勉 ...

続きを見る

ただ、どの試験を受けるにも一定の英語力がないと話になりません。まずはTOEICや英検で上位に入ってからでも遅くはないかと思います。

まとめ

この記事を要約すると、

  • 就活やビジネスで有利なのはTOEIC
  • 学生が勉強しやすく英語力をバランスよく伸ばせるのは英検
  • その他、自分に合った英語資格を受けてみる

となります。

ぶっちゃけ、TOEICでも英検でも、どちらかで高得点取れる実力があれば、少しの対策でもう一方のスコアもぐっと上がるんです。

現に私は英検対策はほぼ全くしない状態で準一級取ってます。試験対策ばかりして付け焼刃の知識を詰め込んでもは、すぐ忘れるし身にならないですよ。

時間が許す限りは、単なるスコア目当てじゃなく、英語の地力を伸ばすような勉強をしてほしいと思います。

既に社会人になっている方は、TOEICをやりましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

-資格・勉強, 語学
-,

Copyright© 転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル , 2018 All Rights Reserved.