転職

タクシー運転手への転職は本当にやめた方がいいのか?ドライバーの将来性や向き不向きも解説しています。

投稿日:

タクシー乗り場

タクシー運転手への転職を考えている方も多いのではないでしょうか。

実際に、タクシー運転手を主人公としたドラマなども多く見られます。マイペースに働けるイメージがあるものの、業界としては厳しい印象を持っている方も多いでしょう。

ここでは、タクシー運転手への転職というものに注目してお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タクシー運転手の需要は大きい

タクシー運転手というと、業界として厳しい部分があると思っている方も多いことでしょう。

実際に、必死の形相でお客さんを探しているタクシー運転手を見かけることもありますし、タクシー乗り場で暇そうにしているタクシードライバーを見かけることもあります。

しかしながら、実はタクシー運転手の需要というのは思っている以上に大きいのです。

というのも、最近の日本においては海外からの観光客が増加傾向にあります。

主要都市の観光スポットなどには、毎日のように多くの外国人観光客が訪れます。一部では外国人観光客の多さにうんざりしている方もいるほどです。

外国人観光客にとっては、タクシーというのはとても便利な移動手段になります。

言葉を話せなくとも、地図で目的地を指させばその場所に連れて行ってくれるのです。自分で降りる駅を確認したり、乗り換えをチェックしたりする必要もありません。

もちろん、これは国内の観光客にも言えることです。

観光客の多くなっている日本では、タクシーの需要が高まっているのです。

また、東京オリンピックも決まり、これからの観光客の増加というのは確実でしょう。しかしながら、その一方でタクシーの業界では人手不足が嘆かれています。

正直にいうと、もともとタクシー運転手というのは、憧れられるような仕事ではありません。

本来の仕事とは別にとりあえずタクシー運転手をしている方や、仕方なくタクシー運転手をしている方もいます。

人気があって人が多い仕事ではないのにも関わらず、タクシーそのものの需要は高まっているのです。タクシー運転手への転職を考えている方にとっては、ある意味ではチャンスとも言えるタイミングです。

タクシー運転手の将来性

観光面に限れば、タクシー運転手の需要というのは一時的なものであるとも言えます。

今は観光客が多いですし、オリンピックのこともありますのでインバウンド需要が高まっていますが、観光客が減り、オリンピックも終わってしまえば需要が低下してしまう可能性もあります。

現にUberというスマートフォンでハイヤーを呼べるようなサービスもありますし、自動運転技術などもどんどん進化しています。

海外ではタクシー運転手によるデモなどが起こっているほどですので、日本においても他人事ではありません。

基本的にタクシー運転手に限らず、物事の需要というのは変化していくものですが、その一方で日本は超高齢化社会の道を歩んでいます。

これから団塊の世代を中心に、お年寄りがこぞって免許を返納する動きも出てくるでしょう。そんな時、既存の公共交通機関だけで日常生活の移動が間に合うでしょうか。私はそうは思えません。

技術は進化しているのは事実ですが、スマホに慣れない中高年以上の世代がUberなどのサービスを使いこなせるかというと、疑問です。

介護やビジネスの面で見ても、まだまだタクシーの需要は高いといえます。

なぜ後悔して辞める人が多いのか

タクシー運転手の業界では人手不足が嘆かれているのですが、それには辞める人が多いという部分も関係しているのでしょう。

では、なぜタクシー運転手を辞める人が多いのでしょうか。

まずは、もともと景気の良い業界ではないという部分もあるでしょう。

「タクシー運転手になれば稼げる!」と思い込んでタクシー運転手になった方であれば、現実とのギャップですぐに辞めてしまうこともあるかと思います。

今は需要が高まっているタクシー運転手ではあるものの、だからといって誰もが稼げるわけではありません。競争も激しいですし、もともと景気の良い業界ではありませんので、理想と現実のギャップに打ちのめされてしまう方も多いのです。

また、悪質な客というのもひとつの要因になっているかと思われます。

特に、最近ではニュースなどでもタクシーに乗る悪質な客についての報道が多くなっています。

暴力、料金の踏み倒し、暴言など悪質な客というのは、残念ながらどの地域にも一定数居るようです。酔っ払いを乗せれば、車内で寝てしまうかもしれませんし、下手すれば車内で嘔吐されてしまうこともあるかもしれません。

悪質な客でも客は客です。客だからこそ、我慢しなければいけないというシーンも多く出てくるでしょう。タクシードライバーというのはドライビングの専門家であると同時に、サービス業でもあります。

思っている以上に、メンタルの強さが求められる仕事と言えるのかもしれません。ただ、サービス業といっても、タクドラに求められる社交性は限られていますから、そこまで深く思い悩むこともないのです。

ストレスはあるが組織からの干渉は少ない

タクシー運転手というのは、悪質な客の対応もしなければいけませんし、その中で我慢もしなければいけません。ただ、その分、組織からの干渉は少なく済みます。

普通のサラリーマンであれば、職場での人付き合いが苦手であっても人付き合いというのは絶対に必要となってきます。

どんなに嫌いな相手であっても、必要であれば友好的に付き合わなければいけません。相手が上司であれば、余計に付き合いを断れなくなってしまうでしょう。

昨今はブラック企業の問題も多いです。同じ事務所で一日中一緒に居れば、嫌でも職場内の力関係は生まれます。パワハラやセクハラが蔓延るのも、ある意味では仕方ないのかもしれません。

飲み屋や残業の強要が問題になるなかでも、実際に、最近では上司に付き合わされる部下の声がネットニュースなどでも取り上げられています。

付き合いを断ったことによって、仕事に大きな悪影響が出るといったこともあります。

しかしながら、タクシー運転手であればこういった一般的な職場での人付き合いというものをしなくて済むのです。

もちろん、タクシーの営業所でのやり取りというものは発生してきますが、それが仕事を大きく左右するようなことはないでしょう。人付き合いが苦手な方でも、最低限のやり取りで済ませられるという部分はあります。

また、タクシー運転手であれば、無理に会話を求められることもありません。

基本的にタクシー運転手の仕事は、乗せたお客さんを目的地まで運ぶことです。会話でお客さんを楽しませることができれば、それに越したことはありませんが、それは必須ではありません。

お客さんが黙っているのであればずっと黙っていても問題はありませんし、お客さんが話しかけてきたことに答えるといった程度でもOKです。

一般的な職場では会話力が求められることもありますし、接待などではそういった会話力がものをいうものです。

その点タクシー運転手であれば、そういったプレッシャーも感じることなく働くことができるのです。これは会社員時代に顧客とのコミュニケーションに困った人ほど共感できるのではないでしょうか。

乗降車

タクシー運転手というのは、言ってしまえば放牧されているようなものです。

仕事を始めるときと仕事を終えるときには営業所に向かいますが、基本的に仕事中は個人で仕事をすることになります。同じフロアで上司に関しされたり、グチグチと嫌味を言われたりすることもありません。

ひとりでマイペースに働くことができるのです。

つまり、タクシー運転手というのは一般的なサラリーマンにあるものがなく、ないものがあるとも言えるのです。

一般的なサラリーマンであれば人付き合いや会話力も求められますし、ひとりでマイペースに仕事をするといったことはできません。言ってしまえば、常に何かしらの干渉を受けることになります。その分、毎月安定した収入が得られます。

しかしながら、タクシー運転手になると人付き合いや会話力も大して求められませんし、ひとりでマイペースに仕事をすることができます。

干渉というものを受けることなく、気ままに働くことができるのです。

その分、収入というのは自分次第になります。もちろん、人それぞれ合う働き方というものがありますので、一概にどちらがいいとは言えません。

合う人にはピッタリはまる職業

タクシー運転手というのは、需要があるもののストレスが多い働き方でもあります。

しかしながら、人それぞれ合う働き方というのは違ってきます。タクシー運転手というのは、合う人にはピッタリとはまる職業でもあります。

例えば、多くのタクシー運転手の給料は歩合制ですが、これは言い方を変えれば、稼ごうと思ったらいくらでも稼げるということでもあります。

一般的なサラリーマンであれば、年収というのは決まっていますし、上がってもその上限というのは決まっているものです。能力のある方でもその能力に見合った給料をもらえるとは限りません。

しかしながら、タクシー運転手であれば、能力のある方はそれこそ上限なくいくらでも稼ぐことができます。

一般的にタクシー運転手というと薄給というイメージがあるかもしれませんが、稼いでいる方は本当に驚くほど稼いでいるものです。

20代で年収600万稼いでいる方もいるくらいです。こんなの、普通の職業じゃ無理ですよね・・・。

そういう意味では、とても夢のある職業だと言えるでしょう。

お客さんにたくさん利用してもらえるように努力すれば、その努力次第で給料を増やしていくことができます。こういった部分はまさに仕事のやりがいにもつながってくるところです。

試行錯誤を繰り返しながら自分のやり方で収入を増やしていきたい、やりがいを感じたいという方には、成果がすぐ目に見えるタクシー運転手というのはピッタリです。

また、タクシー運転手という職業は、自由時間は意外に多いことも特徴です。

お客さん次第ではありますが、基本的に決まった時間に縛られることはありません。

好きなタイミングで食事をしたり、場合によっては休憩したりすることもできます。上司や同僚の目を気にする必要もありませんので、お客さんを乗せていないときには音楽をかけて車内でひとりカラオケを楽しむこともできます。

自由が多いからこそ、趣味や夢に時間を使うこともできるでしょう。趣味や夢に没頭できる時間というのは、ストレス発散にもなります。

タクシー運転手というのはストレスが多い仕事でもありますが、こういった自由な部分でうまくストレス発散をしていくことができれば、そのあたりのバランスもとれるのではないでしょうか。

まとめ

この記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • タクシー業界は人手不足
  • 観光・介護・ビジネスの分野で依然として需要が高い
  • 迷惑な客は一定数おり、ストレスもある
  • サラリーマンより社交性は必要なく自由時間も多い
  • 合う人には合う職業である

車の運転が好きで、会社でのコミュニケーションに悩みのある方にはおすすめかもしれませんね。

とはいえ、結局何事も経験してみないとわからないものです。

日本交通のグループ会社の蔦交通などは未経験でも応募が可能なドライバー専門の転職求人サイトです。新聞広告やハローワークよりも金銭面での交渉が有利に行えますし、求人の質も違います。

最近は女性のタクシードライバー増加を受け、タクQでは女性専門のドライバー転職サービスを展開していますよ。

タクシー運転手への転職を検討中の方は是非登録しておくことをおすすめします。

蔦交通公式サイト

女性のタクシー求人は【タクQ】無料転職支援サービス

羽田交通株式会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-転職

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.