資格

宅建士とのダブルライセンスどれを選ぶ?おすすめはこの3資格

投稿日:

宅建士の資格はその取りやすさとコストパフォーマンスの良さから様々な資格とのダブルライセンスに向いていると宣伝されています。

しかし実務面で見ると、不動産業界以外で宅建が活躍できる範囲はそこまで広くありません。

意外と難しい宅建とのダブルライセンスですが、当ブログでは独自の視点から相性の良い資格を3つ選出しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

宅建士とのダブルライセンスでおすすめの資格

FP(ファイナンシャル・プランナー)

まずFP。FPはファイナンシャル・プランナーの略で、お金に関する幅広い知識でコンサルティングを行う資格です。

FP資格は3級から始まり、2級・1級のほかAFP、CFPがあります。

試験分野では不動産に関するお金も学べますので、取りやすさから見ても宅建との相性は良いです。

不動産のやり取りは多額のお金が動きます。

賃貸契約をするのもその人のこれからの生活の本拠が決まる訳で、間違いなく当事者にとって人生の大きな転機であるはず。

そんな中でライフプランニングの相談もできるFP資格を持っている方は、宅建士に加えてさらに頼れる存在です。

我々の生きている世界はお金なしには成り立ちません。

FP技能士として身につけた知識は、将来主婦になったり異業種に転職することになっても、何らかの形で役に立ちます。

宅建とのダブルライセンスに限らず、幅広い方が受験して損のない資格です。

不動産コンサルティング技能試験

不動産に特化した資格といえば不動産鑑定士が有名。

しかし鑑定士は弁護士、会計士に並ぶ文系3大国家資格ともいわれる最難関資格。既に実務で忙しいビジネスマンが働きながら取る資格としては、ハードルが高いです。

そんな実務家におすすめなのが、不動産コンサルティング技能試験です。

業界内の人でなければあまり地名度がない資格かもしれません。

不動産コンサルティング業務とは、

「不動産に関する専門的な知識・能力を活用し、公正かつ客観的な立場から、不動産の利用、取得、処分、管理、事業経営及び投資等について、不動産の物件・市場等の調査・分析等をもとに、依頼者が最善の選択や意思決定を行えるように企画、調整し、提案する業務」

引用:不動産コンサルティング技能試験 6.試験要項

とされており、活発化している不動産投資や相続対策でのコンサルティングが可能。宅建よりもさらに不動産取引に特化した資格になっています。

試験に合格して登録を受けた者は「公認 不動産コンサルティングマスター」として認定されます。

注意点としては、受験資格には一定の条件を満たす必要があり、

受験申込時点で次の①から③のいずれかに該当する方
① 宅地建物取引士(主任者)資格登録者で、現に宅地建物取引業に従事している方、
または今後従事しようとする方
② 不動産鑑定士で、現に不動産鑑定業に従事している方、
または今後従事しようとする方
③ 一級建築士で、現に建築設計業・工事監理業等に従事している方、
または今後従事しようとする方

となっています。(詳しい要項は各自でお確かめください。)

基本的には、宅建士、不動産鑑定士、一級建築士いずれかを保有している者しか受験できないということです。

ダブルライセンスを狙うにしても、まずは宅建を取ってからですね。

試験の合格率こそ50~60%と高いですが、上記のように既に何らかの不動産資格を所有している者のみが受験しているため、決して試験問題がやさしい訳ではないので注意。

司法書士

法律資格の中でもっとも宅建と相性の良いのは司法書士でしょう。

司法書士は登記を主な業務としており、不動産や法人登記の代理手続は司法書士の独占業務になります。

似た資格に行政書士がありますが、こちらは司法書士に比べると不動産との関わりは弱いです。

なぜ大手資格学校がこぞって宅建と行政書士を勧めるかというと、

  • 民法が重複しており、難易度的にもちょうどいい
  • 行政書士の宅建業免許申請の許認可業務との連携
  • 農地転用などへの知識活用

以上3点が理由だと思われます。

まったく相性が悪い資格という訳ではなく、実際に宅建+行政書士で開業されている実務家もおられます。ただ、不動産という点で見ると司法書士の方が関連は深いです。

じゃあ、なぜもっと司法書士を勧めないのかというと、難易度が高い

司法書士試験の合格率は毎年2~3%台を推移しています。

受験資格こそなく、誰でも受験できるものの、合格までには2~3年要する人もザラ。というか、何年も受け続けたり、諦める方もいます。

資格のステータスとしては申し分なく、キャリア形成の面で見てもステップアップを狙えるのは当然ですが、合格には相応の覚悟が必要なのは確かです。

とはいえ、宅建で不動産と法律の面白さに目覚め、短期間で司法書士に合格した方もいます。自信のある方はチャレンジしてみても良いと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-資格

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.