就職 脱ニート・無職

レールから外れたヤツは腹を括れ。理想論を語る暇があったら実務経験を積んで転職だ!

投稿日:

雑踏

この国では経歴にキズが付くと、就職に極端に不利になります。

高卒ニート、大学中退、既卒、短期退職・・・・・・社会のレールから外れた状況で優良ホワイト企業狙いは、はっきり言って現実的じゃないです。

ホワイト企業に入るなとは言いません。が、入れたらラッキーくらいの心構えで臨むべきです。

一旦レールから外れてしまった私たちが再び「普通」を取り戻すには、腹をくくるしかありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大卒→新卒就職の正規ルートから外れたらどうなる?

四年制大学を卒業して新卒で採用されることは、いまだ日本社会でキャリアをスタートさせるデフォルトとされています。

それ以外の就職は残念ながら、邪道です。というか、話にすら挙がらない。

何においても後回しですから、この現状を誰かに変えてもらおうと思うのは非効率的です。

新卒での就職を逃してしまった方はそれだけで経歴にキズを負うことになります。

それだけならまだいいです。恐らく、新卒での就活失敗は、その後の社会生活に長く尾を引く価値観の分断の始まりです。

手書きの履歴書が使われ続ける理由

余談ですが、「今どき手書き履歴書!?」と驚く人と「まあ、手書きを続けるのも仕方ない」と思う人の差って何だと思いますか。

答えは、価値観の差であり、これまで歩んできた社会人生活の質の差です。

エリートは知らないんです。

というか、彼らの働く会社はまともに書けないヤツなんて応募して来ないし、応募してきても即不採用で終了。気にも留めません。

しかし、地方の中小企業は違う。

薄給で人手不足の中、やる気のある若者が履歴書を応募してくれるだけで嬉しいものです。が、PCをまともに使えなければ、履歴書もメチャクチャな書き方をして送ってくる求職者もいます。

手書きの履歴書は学歴が審査基準として働かない会社の合理的なフィルター機能のひとつなんです。

ま、こんなことネットで主張しても「そんなアホな」と即座に否定されるのがオチでしょうけど。

要はレールから外れたら、上の人間との価値観の違いは覚悟しときましょうってこと。

新卒で入った会社を1年以内に辞めてしまったら

孤立

「新卒で入った会社を1年以内に退職してしまった、どうしよう・・・」という状態の方もいるかと思います。

昨今は第二新卒での就職市場が盛り上がってますので、まだチャンスは残っています。が、一度会社を短期間で退職したという事実は消せません。

辞めた会社がどんなブラック企業であっても、です。

1年とか半年とか、もっと短い期間で辞めてしまう時点で、世間から社会人として使えないという烙印を押されてしまう可能性大。

ただ本当の問題は、社会全体がその時点で辞めた人を見限ってしまうこと。雇用の椅子取りゲームに救済措置なんてないです。

それでも人生は続きます。そして短期退職してしまった事実は負債のように残り続けます。

じゃあ、どうすれば良いか。

その分、次の会社では鉄の意志でしがみ付くしかありません。

スキルのない状態で転職を重ねるとどんどん条件は悪くなります。どこかで1回腰を据える必要があります。一生働かなくてもいいし、そんなつもりがなくても良い。

ただ、よい会社に転職するためにも、今いるのがどんな会社かなんて関係なく2~3年は一社で集中的に経験を積むしかないんじゃないかなと思います。

そうしないと将来キャリアアップのために転職に使う武器すら身につきませんので。

レールから外れたら人間関係・薄給・激務の取捨選択

冒頭でも述べたように、経歴にキズのある人間が優良企業に就職できることは稀です。

そんな人間でも働ける職場は、人間関係・給料・働き方のどれかが狂っている可能性が高いです。が、適切に自己防衛して乗り切るしかない。

レールから外れるということはこういうことです。

これが嫌なら、絶対に新卒カードを使って良い会社に就職できるよう全力を尽くすべき。そもそもレールから外れるリスクを事前にちゃんと説明しないのも良くないと思うんですよね。

綺麗事ばかり抜かして学生を調子にのせといて、ダメだったら自己責任はちょっと酷ですよ。

まあ一度つまづいた人間はそんなこと言ってられないですから、どうにか入れる会社で実務経験を積んで、そこからステップアップで転職していくのが常道でしょう。

会社選びのコツとしては、何もやらせてくれない会社よりは、何もかも押し付けてくる会社の方が実務能力は上がります。

ただどこまでの負荷に耐えられるかはその人次第なので、この辺は体調などとも相談しながら自分で判断して決めないといけません。

3年しがみ付いたら転職する

実際、毎日働いていると年ごとに成長を実感できます。

3~5年経てば一区切りつく感覚を得られる方が多いのではないでしょうか。仕事で自分のケツを拭けるようになって、後輩の面倒も見れるようになった。

さあ、どうするか。

転職やキャリアアップへの欲が湧きだすのもこの頃ですね。転職のタイミングとしても、適切だと思います。

転職での年収アップの可能性が大きいのは20代~30代です。

面白いもので、イレギュラーな経験は、それ自体は日本社会で忌避されるのに、それを乗り越えると好意的に受け止められます。みなさんとてもゲンキンなんです。

なので「新卒での就活に失敗した→でもそれを乗り越えて自分なりにキャリアを築いてきた」という筋書きを自分なりに完成させることができれば、それは転職において強力な武器になります。

キャリアプランを練っておく

転職の成功率を上げるコツは、自分なりのキャリアプランをしっかり練っておくこと。

そして普段から求人情報を集めて、希望の仕事に有りつけるよう、アンテナを張っておくことです。

まとめ

新卒での就職に失敗すれば、確実に不利に陥ります。でも終わりじゃない。

どっかその分踏ん張る必要はありますが、それを乗り越えればその経験は武器になります。

大切なのは、レールから外れても悲観せず前を向くことです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-就職, 脱ニート・無職

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.