転職

ブラック企業からの転職。採用面接での退職理由・志望動機をどう話すべきか?

投稿日:

ブラック企業の過酷な労働環境から脱出するために転職をする人もいるでしょう。

自分の身を守るためには、短期間で退職してしまうのも致し方ありません。

ただそうなると困るのが転職です。

退職理由や次の会社への志望動機をどう話せばよいか。

どんなに劣悪な環境だったとしても、逃げや忍耐のなさと取られればマイナスの理由での退職と評価され、選考で不利になります。

この記事では、ブラック企業から転職する人が転職先の採用選考でどのように退職理由を話せばよいかを考えていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

感情的・具体的なエピソードは控える

本音ではブラック企業で働くのがキツくて転職するのだとしても、実際の面接官の前で具体的なエピソードを自分から話すことはおすすめしません。

「○時間残業した」「休みなしで○連勤した」といったエピソードは控えるべきです。

なぜか。採用担当者が見ているのは、あなたが戦力として使えるかどうかだからです。

皮肉なことに、ブラック企業での苦労話が面接で通用するのは、同じブラック企業だということを肝に銘じておきましょう。

面接では誠実さはプラスですが、下手に具体的なエピソードを話すと、ホワイト企業の面接官ほどドン引きしてしまいます。いくらブラック企業でも、企業秘密にかかわる情報を部外者に暴露するのも論外です。

正直には話して、「大変だったね・・・」と同情してくれるなら良いですが、大抵の人事担当はあなたがちょっとでも問題に関わっていそうだと判断すれば、「ノータッチで落としとこう・・・」と思うでしょうね。他に応募者の集まる優良企業なら尚更です。

ポジティブな経験をひねり出す

いくらブラック企業でも、職務経歴書に記載することが何もないまま辞めるのはおすすめしません。

もっとも業務量が多いブラック企業なら、考え方次第でポジティブな経験を作り出すのも可能です。無から有は生み出せなくても、アピールの元となる仕事は相当量こなしているはず。

個別のエピソードを感情的に話すだけなら効果はなくても、それから自分が「何かを得た」経験に転換すれば、ポジティブな印象を与えられます。

例えば多忙な業務に耐え抜いたなら、体力面・精神的なタフネスを推し、転職先でいざという時に頼りになる存在になれるとアピールします。

幅広い仕事を押し付けられた経験から、冷静にマルチタスクで処理できる能力をアピール。

客観的な数字や効果を挙げた経験があるなら、それに越したことはありません。

話すのではなく察してもらう

かといって、ブラック企業だから辞めたいという気持ちで転職するのは事実。

そこから転職理由や志望動機を組み立てるのですから、どうしても説得力が弱いものになってしまいます。

実は「ブラック企業だから辞める」も転職理由として通用します。ただ条件があって、それを自分から口にしないことです。

面接担当者に察してもらわなければなりません。

「この応募者は、こういうキャリアを歩みたいのか。確かに、前の(今の)会社では無理そうだな。これまでも頑張って働いてきたみたいだし、ウチならもっと戦力になってくれそうだ」

こんな風に思ってくれるのが理想的。

ポイントは、労働環境や人間関係の劣悪さ以外の理由で、前の会社を辞めるのも仕方ないと思ってもらえること。

しかし、「仕事が忙しい」「人間関係が苦痛」という理由だと、今度ウチに転職しても同じ理由で辞めるのではないかと思われかねません。

この転職が仕方ないと判断してもらえるようにもうひと押しするには、以前の職場環境を改善しようとした経験を伝えることです。

「会社には何度も相談した。人に頼るだけじゃなく、自分自身業務の改善を行いながら、生活自体も見直した。それでも退職以外に道はないと判断した」

ここまで訴えてようやく堪え性のない人間という評価を受けずに済むでしょう。

休職中や既に体調を崩してしまった人は

残業やパワハラなどの影響で、うつ病などを患い休職中の方が環境を変えるために転職するのは当然のことです。

建前上は職務に復帰するための休職であったとしても、そもそも体調を崩し休職までしなくてはならない職場は、決定的に何かが欠けているし、あなたとのミスマッチも明らかです。

面接で休職のことを正直に話すべきか?

ハッキリ言って、特に精神的な疾患には偏見のある人も多く、知られると選考上不利になります。

「聞かれたら正直に答える。でも自分からは話さない」が妥当な選択肢かなと思います。

聞かれて答えるにしても、余計にベラベラフォローを入れず事実を淡々と述べることです。後は向こうの判断に委ねましょう。

しかし、必要以上に健康や体力ををアピールするのは禁物。

変に強がって、入社して思った以上の業務量でうつが再燃するのが最も危険なパターンです。

転職先に入社後、休職の事実はばれるのか?

まず、前の会社に直接連絡されたらひとたまりもありません。前の勤め先が好意的でもない限り、病気から休職までばれてしまう可能性はあります。

しかし、そこまでする会社もあまりないでしょう。

わざわざ前の勤め先に確認を入れる話は聞いたことがないですし、応募者からの申告を信頼していないことで、入社後に軋轢を生む可能性もゼロではありません。

前の勤務先への連絡リスクを除けば、公的な書類に休職の事実は残りません。

しかし、休職で一時期給料が減っていれば、源泉徴収票を見れば「何かあったんだな」ということは確実にわかります。

ただそれ以上のことは、誰かが勘繰って源泉徴収票や社会保険の支払い履歴から推測して情報を集めださない限り、自然にしておけば休職はまだしも、休職に至った経緯や病気のことがバレる心配はないでしょう。

また源泉徴収票にしても、それを目にするのは一部の経理・労務担当者だけです。

日頃から社員の個人情報を嫌ほど目にする彼らが軽率に個人のプライバシーを暴きにかかるのは考えにくいです。あえて不安な状況を挙げるとすれば、暇な会社で上司の圧力が強い場合とかですかね。好奇心旺盛なオバチャンが経理担当者だったら怖いかも。

個人的には、ある程度以上の規模の会社の方がバレる心配は少ないように感じます。給与計算なども流れ作業に近くなりますし、分業化が進んでいるので自分の仕事範囲以外に変に手を出しぐらいからです。

結論としては、休職がばれる可能性はほとんどないものの、ゼロではないといったところです。

キャリアのミスマッチを避ける

転職時に一番の武器になるのは、ご自身のキャリアプランです。

どのようなスキルを積み、将来どうなりたいか目標を持っている人は行動にも一貫性がありますから、転職先の企業としても信用できます。

行き当たりばったりで転職してきている人は何がしたいかが分からないので、いつ辞めるか心配ですし、仕事へのモチベーションも判断しかねます。

筋の通った経歴は、発言の信憑性にも影響します。

人間ですから、少々希望の仕事がぶれるのは仕方ありません。ただそれを言葉で説明できるよう、準備はしておきましょう。

納得の行く転職理由が思いつかないときは

転職先の採用担当者にブラック企業での悩みをを直接言うのはおすすめできませんが、信頼できる第三者への相談は選択肢としてあり得ます。

どうしても辞めて転職したいけど、上手い退職~転職理由が思いつかないまま体力的、精神的に摩耗するのは避けたいところ。

そんな時には転職エージェントを頼ってみましょう。

もっとも、転職エージェントも企業の人事担当者や経営者と昵懇の仲にあれば、あなたの秘密を漏らしてしまう可能性も全くないワケではありません。

休職や病歴については、採用面接時と同様、特に核心に迫る質問を受けない限りは、あなたから打ち明ける必要はないと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-転職

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.