投資

株・FXのオンライン取引に必要なものリスト!各アイテムのおすすめも紹介

投稿日:

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。

資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取引ができます。

そのために必要なものは以下の5つ。

オンライン取引を始めるのに最低限必要なアイテムをまとめて解説します。

オンライントレードに必要な5つのもの

パソコン(タブレット・スマホ)

インターネットを利用したオンライン取引というくらいなので、ネットに接続されたパソコンがなければ始まりません。

スマートフォンでも取引はできますが、画面は小さく、処理できる情報も限られています。

まずは大画面で操作できるパソコンでネット取引に慣れてから、補助的にスマホを活用していくのが良いでしょう。

投資用PCに求められるスペック(性能)

株やFX取引に使うパソコン(PC)には、オンラインゲームや動画編集のように高いスペックは要求されません。

注文は証券会社のWEBページや専用のツール上で行います。

以下は代表的な取引ツールの動作推奨環境です。

ツール例
マーケットスピード標準版(楽天証券) ネットストック・ハイスピード(松井証券)
OS ・Windows 7
・Windows 8.1
・Windows 10
・Windows 7
・Windows 8.1
・Windows 10
ブラウザ Internet Explorer Ver.11 Internet Explorer 11
Win10のみ:Internet Explorer 11, Microsoft Edge
CPU Core2 Duo 1.80GHz以上 1.6GHz相当以上を推奨
メモリ 1GB以上 1GB以上
ハードディスク 空き容量1GB以上 空き容量50MB以上
ディスプレイ SXGA(1280×1024ピクセル)
以上
1024×768ピクセル以上(推奨:1280×1024ピクセル)
ネット通信速度 1Mbps以上 ブロードバンド(1Mbps以上)接続

※データは2018年9月時点です。使用ツールのグレードによっても推奨環境は異なります。申込前に、必ず詳細を各ネット証券の公式サイトでご確認下さい。

参照①:楽天証券公式 https://marketspeed.jp/download/

参照②:松井証券公式 https://www.matsui.co.jp/tool/pc/ns-highspeed/requirement/

専用ツールを使わなくても、公式サイトのWEB注文もできます。

上記のスペックを満たすPC価格を調べてみると、10万円以内で購入できます。中古品ならもっと安く済みます。

株・FX取引用のPC通販

ただ、本格的に短期トレードをする時は、様々なツールや画面を一度に使用できる方が有利です。

先を見越して、高性能PCを購入しておくのも一つの手。拡張性を考えると、ノートよりデスクトップの方が便利ですね。

デイトレードやFX専門のパソコンを販売しているPCショップもあります。オンラインでの注文も可能です。

デイトレ・FX用のパソコンをVSPECで購入

ブラウザ上で動くツールなら、もっと低いスペックのパソコンでも問題ないでしょう。

PCスキルは必要?

ネット証券の取引ツールを見ると、多機能で使いこなせるか心配になりますが、複雑な操作は必要ありません。

マケスピ注文画面

基本的なマウス操作+キーボードだけで何とかなります。PCスキルというよりは、慣れが大きいです。

ただ、取引ツール以外のネット利用には、PCスキルがあるに越したことはありません。

セキュリティ対策

ネット投資は、たとえ数万円からでもお金を扱うものです。

まして100万、1000万と多額の資金を動かすとなると、セキュリティ対策は必須。

スパイウェアやフィッシング詐欺を防ぐには、利用者の意識だけでは難しいので、セキュリティ対策ソフトを導入しておきましょう。

 

インターネット回線

パソコンをインターネットに繋いでいないとトレードはできません。

ネット取引のいつでも素早く取引できる特性を生かすには、高速で常時接続の回線を選びたいところ。

パソコンの性能がよくても、回線が遅いと注文の処理速度だけでなく、画面の切り替えやネット閲覧すべてに影響が出ます。

ネット回線はADSLやCATVなどもありますが、速度や安定性を考えれば、光回線をおすすめします。

▼おすすめの光回線
GMOとくとくBBのドコモ光 お得なキャンペーン実施中!

利用中のスマホやお住まいのエリア、料金を比較の上でご検討ください。

証券口座

ネットで株やFXをするには、各証券会社で口座開設をしておく必要があります。

口座開設の申込は各証券会社の公式サイトから簡単にできます。

口座開設には、名前・住所のほか、職業や投資経験の有無、インサイダー取引についてなど入力箇所や確認事項が多いです。お時間のある時に余裕をもって行いましょう。

ほとんどのネット証券会社では、オンラインで申込が完結します。本人確認やマイナンバーの提出も画像のアップロードで済みますので、以前より取引開始までの日数がかからなくなりました。

各社のホームページを参考に、手数料や取り扱っている商品、使い勝手などを見て申し込むネット証券を決めましょう。

初心者におすすめのネット証券

元手となる資金

口座開設が完了したら、投資の元手となるお金を自分の口座に入金します。

投資資金の振り込みは既存の銀行からでも可能ですが、入金の反映に数日かかります。

インターネットバンキングなら即時で入金処理されますので、何かと便利です。まだネットバンクの口座をお持ちでない方は、こちらも是非開設しておくことをおすすめします。

定番のネットバンク

投資の基礎知識

株・FXなどの投資を行う前に、投資のリスクや基本的な仕組みは理解しておきましょう。

といっても、習うより慣れろ派の人もいるでしょうし、そこまでガチガチに身構えることもありません。デモトレードを活用するのも良いですね。

準備ができたら、余剰資金で無理のない方法でスタートしましょう。

ネット上には投資に関する無料コンテンツも相当充実しています。あとは実践で学びながら、知識を深めていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-投資

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.