ライフ

WOWOWドラマ化決定!監査役 野崎修平とはどんな話か。原作はkindleコミックでも読めます。

投稿日:

人気コミックス野崎修平シリーズの『監査役 野崎修平』がWOWOWで連続ドラマ化されます。

放送日は、第1話が2018年1月14日からで毎週日曜日の夜10:00からの放送です。

第1話は無料放送される予定です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

監査役・野崎修平はどんな話か

織田裕二さん演じる野崎修平が物語の主人公です。

メインの舞台は銀行。ストーリーは原作を読んだ感じだと、組織が抱える問題を解決していく系です。極端に喩えると、池井戸潤原作の「花咲舞が黙ってない」の、会社のお偉いさんバージョンという感じ。

そもそも監査役というのが、ルール上は会社の業務と会計の監査が主な役割になります。

設定や構成も自然で、銀行業界の抱える問題をリアルに描いています。実際その通り働いてる監査役って少ない気がしますけど。

そういう意味では、監査役が主役として活躍すること自体にちょっと違和感はあります。

野崎修平シリーズはどれも高評価

『監査役野崎修平』には続編があります。その名も『頭取 野崎修平』(笑)。

役職だけ変わっていく部分だけ見ると、島耕作みたいですね。

でも野崎修平に関しては島耕作ほど(特に下半身)だらしなくないです。

筋の通った正義感で、しかも思いやりのある人物。こんな上司がいたらなあ、と思ってしまうタイプのキャラクターです。

会社法やビジネスの知識も得られる

マンガで実際の社会に役立つ知識を得られるのは、社会人には嬉しいです。

ナニワ金融道などの漫画は実生活に関わる金融の知識を扱っていますが、野崎修平シリーズはやはり会社経営に関する知識。とりわけ監査役というポジションから既に、会社法を学ぶきっかけにもなります。

今回WOWOWのドラマがどのような出来になるのかは蓋を開けてみないとわかりませんが、やはり社会人、ビジネスマンの方ならより楽しめるのではないかと思います。

原作マンガは電子書籍でも読める

野崎修平の原作はkindleコミックで購入できます。

ただ10年以上前の漫画ということもあり、コミックス(単行本)で買う方が価格としてはお得。

ご自分の読書環境に合った方法で予習しておくのも良いですね。

もちろんドラマを楽しむにはWOWOW会員に申込済みであることが条件です。視聴環境などもあわせて、是非公式サイトをチェックしておきましょう。

⇒WOWOW公式サイトへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-ライフ

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.