転職

結婚予定の女性は転職すべき?結婚後の働き方は正社員と派遣どちらが有利?

投稿日:

考え込む女性

結婚予定の女性は転職すべき?重要ポイントや働き方の違いを解説

結婚を控える女性の心配事の一つが、このまま今の会社に留まるか転職すべきかという問題。

結婚しても働き続けることはできるのか。キャリアアップや昇給は可能か。産休は取れるのか。

など、気になる点は尽きないと思います。

この記事では、結婚前の女性が転職すべきかどうかの判断基準や転職のタイミング、結婚後の働き方をどう考えるかを解説していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

現在の会社の就業規則を確認する

結婚前後で転職を迷う女性がまず確認すべきことは、現在の会社の就業規則をはじめとする、社内の制度です。

特に注目すべきは、

妊娠・出産休暇や育児休暇(産前産後休業)の制度は整備されているのか。

家庭と仕事の両立を目指す既婚女性への配慮はあるのか。あるいは、結婚後の女性でも年収や待遇面で不利ではないのか。

といった職場の理解度は一番にチェックしておくべきです。

もっとも表向きには制度設計がされていても、実際にその通りに運用されるかは別問題。この点は普段から職場に慣れ親しんでいれば、前例や空気感からイメージは掴めるでしょう。

これまで結婚後も働き続けたり産休取得の実績のない零細企業などでは判断に困ると思います。

この場合は上司や総務部、経営者など管理部門である程度力のある人に相談しながら、慎重に決めていくしかありません。

もし自らの希望にそぐわない会社だと判明したら、転職を考えるべきです。

転職のタイミングはいつが良いか

結婚予定の独身女性の転職はどのタイミングで行うべきでしょうか。

原則として、まず転職に向けて動いてみて良いと思います。

会社の決算期など特別忙しい時期は避けるべきですが、それ以外は普段から求人情報を集めながらチャンスを掴んでいくことです。

その上で転職の面接選考の結果を踏まえ、重要なのはどのタイミングで退職すべきか。

退職のタイミングは転職先との都合が優先されますが、できれば結婚の準備があらかた整ってからが良いでしょう。

彼氏の両親への挨拶を済ませ、新居や同棲への引っ越し後も決まって言い訳の利かない時期をおすすめします。

人にもよるでしょうが、戦力になる社員ほど企業は引き止めに掛かります。情にほだされて後々損をしないためにも、辞める時はすっぱりやめるという決意で臨むべきです。

ただこの点も個人的な希望次第で、結婚前後は少しゆっくりしたい、というのであれば転職を機に空白期間を作るのも悪くはありません。その間に資格の勉強をして将来に備えるのも良いですね。

結婚前後の女性が転職するメリット・デメリット

転職にはメリットやデメリットが生じるものですが、特に結婚前後に仕事を変えることの影響はどのようなものがあるでしょうか。

大きなメリット・デメリットを一つずつ丁寧に解説します。

メリット:希望に沿った働き方が選べる

結婚を機に転職する最大のメリットは、これからの人生設計に合った働き方を選べるということです。

転職が上手くいけばという前提条件ですが、今の職場の制度に合わせるよりは、自分の状況に合った職場を選ぶ方がストレスが少ないのは当然です。

とりわけ既婚女性の働き方に理解のある職場や将来の子育てへの不安の備えができている会社が見つかれば、間違いなく転職成功といえます。

デメリット:新しい職場は覚えることも多い

いくら同業種同職種での転職といえど、職場を変えるということは仕事のやり方に多大な影響を及ぼします。

同僚やお客さん、商品の名前を覚え直す必要がありますし、その他各職場ならではのルールがあるでしょう。

これが異業種ならもっと大変で、ともすると結婚前よりも忙しいという苦境に陥ってしまいかねません。

これではせっかく働き方に合わせて仕事を変える意味もないです。

遠方への引越しなどやむを得ない事情がある場合はともかく、転職時はあなた自身の負担も考慮して、転職エージェントなどとも相談することで思わぬ失敗を避けることができます。

結婚前後の女性の転職で重視すべきポイント

結婚を前提とした女性の転職ではどのようなポイントに注意すべきでしょうか。

この点は個人のキャリアに対する考え方や価値観にもよるでしょう。

ある女性は給与が下がってもワークライフバランスが整った働き方を希望しますし、またある女性は結婚しても出世や給料に不利にならずバリバリ働ける職場を希望します。

大きくまとめるなら、求人サイトや転職エージェントで情報収集を行い、それを現在の職場の制度を比較してどちらが有利かを決めることです。

完璧な条件は存在しないかもしれません。

ですが、せっかくの新婚期間を転職先での忙しさやストレスで濁さないためにも、より良い選択ができるよう、万全の体制で臨むべきです。

結婚後の働き方と雇用形態別の特徴

結婚後はこれまでのようにフルタイムで働くのを辞めて、旦那(彼氏)の扶養に入ろうかなとお思いの方もいるでしょう。

実際、夫婦生活を機に共働きをするにも、働き方を変える男性・女性は多いです。

では女性の結婚後の働き方を雇用形態別に見るとどのような特徴があるでしょうか。

正社員

結婚後も正社員としてキャリアを積んでいく選択肢は、厳しい面もあります。

男性が多数派の職場では尚更ですし、そもそも社会全体が体力・労働時間を重視して人事評価を下す傾向がまだまだ強く、結婚後の女性に不利に働くことが多いです。

ただ既婚女性が正社員として気持ちよく働ける職場が増えていることも事実。

転職するにしてもこれまでのキャリアが優秀である方が選択肢が多いのは否めません。中小零細企業でアピールする経験や実績に乏しい場合は、気合を入れて転職先を探さないといけませんね。

派遣社員、契約社員

正社員と同様フルタイムで働く派遣社員や契約社員も有力な選択肢のひとつです。

よく派遣社員は正社員と仕事の内容は同じなのにもらえる給料が少ないなど待遇面での問題が取り沙汰されます。

ただ傾向として、しっかり管理された人材会社からの派遣社員は正社員よりもキッチリ労働時間を守って働けているように思います。

余計な残業や早出、休日出勤に困らされることはないので、家庭との両立も考えやすい点でメリットは大きいです。

昇給やキャリアアップには不利ですが、子育てや家庭が落ち着いて正社員への復帰を考えた際は、派遣・契約社員経験も生かせる余地は充分あります。

アルバイト・パート

結婚を機に一旦退職し、アルバイトやパートなどの非正規雇用で生活費を賄う方もいるでしょう。

キャリアを棒に振るように見えますが、フルタイムでこのまま働くよりはパートになりたいという女性も多いです。

実は配偶者控除などを利用しながら家計を工面すればそれほど悪い選択でもないと思います。

最終的な実質年収を確保し、働き方を整え、稼ぐのは旦那に集中してもらうという考えなら理にかなっています。

まとめ

この記事では結婚予定の女性が転職すべきかどうかの判断基準、その際のポイントや働き方について見ていきました。

あえて転職する女性にもう一つ忠告するなら、都会と田舎では結婚後の女性に対する価値観も随分違います。

都会の常識が地方では通用せず、その逆も往々にしてあり得ることです。こうした地域差も事前に確認しておくことをおすすめします。

転職で手痛い失敗をしないためにも、情報収集に手を抜かず、無料の転職サービスに登録しておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-転職

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.