就職

企業研究をやる意味と効果的な方法

更新日:

グローバル研究

企業研究をやる意味と目的

就活や転職において企業研究は大事とは言われますが、一体どのように大事なのか。

企業研究に限らず、物事はそれをする目的を知らなければ意欲も起きにくいです。

漫然と周りに合わせてやるのではなく、企業研究をする意味を自分なりに知ることで、効果的に進めることができるでしょう。

この記事では企業研究の意味や、どのように進めるのが効果的かをまとめました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

効果的な自己アピールが可能

相手が個人であろうと企業であろうと、自分を売り込むためには、相手が求めているモノを知らなくてはなりません。

そして相手の求めているモノを知るには、相手についてよく知ることです。

企業研究により希望の会社が就活生に求める人物像を把握することにより、効果的な自己アピールが可能になります。

どんなに優秀でも相手の意にそぐわない独りよがりなアピールは効果が薄いものです。

企業とのミスマッチの予防

企業研究をすることで、その会社が本当に自分に合っているのかが見えてきます。

研究前に抱いていたイメージだけで就活を進め、仮に内定を獲得しても、入社後のミスマッチに苦しむかもしれません。

適切な企業研究によりそのようなミスマッチを未然に防ぐことができます。

自己分析、適職探しにも役立つ

もし企業研究によりこの会社は自分に合わないなと思っても悲観する必要はありません。

むしろその小さな失敗により、自分が目指すべき企業の選択肢が絞れるのです。

企業研究を進めれば自己分析にも役立つでしょう。自己分析の精度が上がれば、あなた自身の適性に合った仕事(適職)を見つけられる可能性も上がります。

企業研究だけで内定はもらえない

勘違いしてはいけないのは、企業研究をどんなに熱心にやっても、それだけで内定をもらうのは難しいことです。

どんなに情報を詰めたところで、実務に即していない知識はその業界の人間ならすぐにわかるもの。

面接官としては、「よく勉強しているな」とやる気を評価してくれるレベルでしょう。

一つの企業を深く研究するよりは、自分に合う会社を見つけるためにも広く浅く企業を当たり、比較するのが一番です。物事の違いは比較するからこそ見つけることができるのです。

企業研究の効果的な方法

ここからは実際の企業研究の方法を見ていきましょう。

研究といっても、多くは誰でもアクセスできる情報源からの知識になります。そこで重要なのは、自分なりの疑問や意見を持ちながら臨むこと。表面上の情報を頭に入れるだけなら誰でもできます。

他の就活生との違いを出すには、自分の感性から出た疑問に対する回答を調べ考えてみることです。そうして手間をかけた分、面接官からの評価も高まるでしょう。

情報を集める

企業研究は情報収集から始めましょう。

代表的な情報を得られる場所は以下の通りです。

  • 企業のウェブサイト
  • 求人サイト
  • 転職口コミサイト
  • その他ネットニュース
  • 業界誌、雑誌

ほとんどの情報がネット接続されたスマホ・PC経由で、無料で入手できます。

業界の専門誌や雑誌などは書店で購入する必要がありますし、応募を本気で検討していないレベルならネットでの情報収集だけでも足ります。

最初にチェックしておきたいのが、企業のホームページ(WEBサイト・コーポレートサイト)。

公開されている情報はすべて目を通しておいて損はありませんが、特に以下の項目は、今後の企業研究の比較のためにもメモや記録を取っておくことをおすすめします。

  • 会社概要
  • 沿革・社史
  • 経営理念
  • ビジネスモデル
  • プレスリリース
  • IR情報、決算情報

ただ、地方の中小企業だとあまりホームページを更新していない例も見受けられます。

業界・企業によってはホームページに依存せず、時には足を使ってアナログに情報を集める必要もあります。

行動する

ある程度自分なりに情報が集まったら、行動に移りましょう。

体験は物事を理解する上でとても重要です。少なくとも働く意味や自己診断テストで何日も費やすくらいなら、以下の挙げる選択肢を試してみて下さい。

  • 会社説明会、合同説明会(就職フェア)への参加
  • OBOG訪問
  • インターンシップへの参加

いずれも現場の人間からの生の声を得られる点で、就活においてとても貴重な情報になり得ます。

勇気は要りますが、複数の選択肢を試してみましょう。

合同説明会での人事の話は表面的に学生を勧誘するためのものかもしれませんし、OBOG訪問で得られる一部の先輩方の意見が正しいとも限りません。比較することで実態が明るみになるのです。

「人脈やツテもないしやり方がわからない!」という方は、マイナビ就活などの就職情報サイトへの登録でも大丈夫です。

卑屈になって自分を縛る必要は決してなく、やれることからやっていきましょう。

考えをまとめる

情報収集と行動で頭と体を使って企業研究が進んだら、立ち止まって考えをまとめてみましょう。

印象と勢いに任せて突っ走るのも良いですが、後悔しないファーストキャリアを選ぶには、思考のプロセスを踏むことも大事です。

これまでの企業研究の結果を就活ノートなどに書き留め、それを自分の希望や目標と照合しながら、キャリアプランを再考します。

まとめ

この記事では企業研究の意味とその方法を紹介しました。

様々なメディアで企業研究のやり方を知ることはできますが、後悔しない就職ができることが大前提であり、企業研究の手法に絶対的な正解はありません。

業界研究、職種研究と併せて進行する人も多いでしょうし、時間が限られている以上、どの部分にウエイトを割くかも個人の裁量に委ねられてもいます。

原則として大事なのは、文中でも述べたように、自分なりの疑問や意見を持ち、それを放ったらかしにせず調査することです。

そうすることで初めてあなたという就活生の生の声を面接官に届ける準備が完了したと言えます。

自分の思考の抜けた受け答えほど無味乾燥で印象に残らないものはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-就職

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.