無職脱出から昇給まで独自の視点で就職・転職をサポート。おすすめ求人サイトの紹介、仕事術や暮らしの知識などキャリアアップに役立つ情報も満載です。

転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル

資格・勉強

意外に知られていない建設業経理士と行政書士の相性の良さ

更新日:

行政書士の仕事と言えば、という問いに1つ目か2つ目に回答として挙がってくるのが建設業許可申請

それくらいに、行政書士の花形業務と言っても過言ではない仕事です。

この建設業許可申請業務。財務諸表が絡んできますので、会計の知識は必須です。

加えて、建設業会計は、一般の企業会計に比べてかなり特殊です。勘定科目から独特ですので、たとえ簿記の資格を持っていたとしても、初見では何が何やらで理解するまでに時間が掛かります。

建設業に関わる仕事は、許可申請以外にも、経審や決算変更届など、様々です。

行政書士業は建設業との関わりが深い業種と言えます。中小規模の会社なら間違いなく弁護士、司法書士より深く社長さんと関わりますよ。

その分、もし行政書士として建設業との付き合いを少しでもお考えならば、是非取っておきたい資格が、建設業経理士です。

ネットスクール

建設業経理士とは

数ある簿記系の資格の中でも、建設業会計に特化したのが、建設業経理士。

旧称は建設業経理事務士です。こちらの呼び方の方が馴染み深い方もいらっしゃるでしょうか。

1級~4級まであり、どの級からでも受験できます。

2級以上の建設業経理士は、公共工事の入札要件に大きく関わる経営事項審査での加点対象となり、建設会社では重宝されます。

建設関係での就職にも大変有利な資格です。

行政書士において建設関係の仕事に携わる際も、2級以上の試験合格を是非おすすめします。

建設業経理士と行政書士の相性と活かし方

先に述べたように、建設業許可申請をはじめとする建設関係の仕事には相性抜群の資格です。

直接の関わりはなくても、コンサルティングの分野でも活躍の場面が期待できます。

通常の日商簿記との関連性も深いですから、会計そのものへの知識を深めることができます。

もし行政書士として、建設業とは離れた分野での業務を中心に考えているなら、建設業会計に特化した資格である分、
活用は難しいでしょう。

その場合で何か資格取得をお考えなら、その業種に準じた知識を補充する方が賢明です。

建設業経理検定について

簿記系の資格に共通することですが、年に複数回試験があり、こちらも年に2回、通例3月と9月に実施されています。

形式は日商簿記試験と似ています。大抵5問程度の大問があり、小問に答えていく形です。

行政書士試験とは関連性がなく、並行して勉強を進めることは難しいかもしれません。まずこちらを取るか、もしくは行政書士試験に通ってから建設業経理士を受験しても問題ないでしょう。

行政書士の実務について先に多少でも知っておこうという場合は、建設会社の総務部に就職して、申請書類や会計書類について学びながら、建設業経理の勉強も進めるのが良いかなと思います。

建設業経理士の取得方法・勉強法

2級までならば比較的短期間の独学で合格できます。簿記の知識が予めあれば、なおさら有利。

独学なら市販のテキスト+過去問での演習が中心になるでしょう。

1級については試験範囲が広く、財務諸表、原価計算、財務分析と3科目にわかれており、そのすべてに合格しなければならず、予備校や、通信講座を利用した方が良いかもしれません。

2級でもより短期間で、余計なことを考えず試験に集中したいという方は、予備校、通信講座も活用の余地ありです。

ネットスクール

建設業経理士試験対策書籍といえばネットスクール会員特別価格で販売中

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

-資格・勉強
-

Copyright© 転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル , 2018 All Rights Reserved.