転職

50代女性は転職に不利という定説を覆す看護師資格。実務経験があれば転職は可能です。

更新日:

看護師と患者

50代女性は転職に不利だが看護師経験があれば再就職もできる

50代にもなると、転職しようと思っても、なかなかうまく転職できない傾向にあります。

それは若手の人材を求めている企業が多く、50代となると給与面でも雇うのも厳しいからです。

特に50代の女性となると、転職や再就職のハードルは高くなります。

しかし、看護師経験のある方で、病院勤務を希望しているのであれば話は別です。

50代女性の看護師経験のある方は、経験豊富とみなされて、求めている病院が数多くあるため、転職には有利に働きます。

今回は、そんな看護師経験のある方の転職状況について解説していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

看護師は転職しやすい?

50代の女性となると、企業間で転職することは難しいのですが、看護師であれば反対に優遇されて求めている病院は数多く存在しています。

その原因としては、慢性的に病院側で雇用している看護師の人手不足が考えられます。

日本ではますます高齢化が加速し医療のニーズが高まっています。

資格が必要な看護師は、専門的な知識や経験が必要になるので、誰でも簡単になれる訳ではありません。

そのため、看護師の資格があり、50代で看護師経験のある方は、それだけで他の看護師に指導できる人間として重宝されます。

さらに、看護師は基本的に高給であり、女性の平均月収は35万円前後です。

特に管理職として雇われたのであれば、役職手当として平均の月収よりも高い収入を得ることができます。

病院では常に看護師が不足しているので、50代の女性が転職しやすい職種が看護師といえるでしょう。

ただ、看護師としての経験がある人の方が優遇されているので、実務経験があることが前提条件となる点には注意すべきです。

看護師の特徴は高齢でも働けること

病院で働く看護師の特徴は、高齢でも希望すれば働けるということです。

50代の女性でも夜勤で働いている方は数多く存在していて、高収入の方もいます。

しかし、中には高齢になったことで、体力的に夜勤の勤務は厳しいという方も多いでしょう。そんな場合には、介護施設で働くことをおすすめします。

介護士

介護施設では体力を使うというよりも、患者様の体調管理が主な仕事なので、高齢の方でも働きやすい職番なのが特徴です。

ただ、入居者や患者の細やかなケアが必要なので、精神的に疲れやすい職場でもあるでしょう。

仕事内容的には、病院で看護師として働きたいけど、毎日勤めるのは辛いという方には、非常勤としての働き方があります。

非常勤の場合は、パート・アルバイトとして雇用されることになりますが、働ける日にちや時間を自分の好きなタイミングで決められるので、働き方を見直したい方にはおすすめです。

しかし、基本的に常勤で雇用されている看護師と比べると給料が低い傾向にあります。

体力的に厳しいけど、高給である常勤の看護師か、自分の働き方を見直せるけど、給料が低い傾向にある非常勤のどちらの働き方がいいかは、自分の体力と相談して決断しましょう。

比較的雇用されやすいのは、いつでも働ける常勤の看護師ですが、50代の女性であれば非常勤で検討してみるのもおすすめです。

無資格の看護助手は転職が厳しい

看護師の他に病院で働く職種として、看護助手というのがあります。

看護師の仕事を補助する役割を担っている重要な仕事ですが、無資格で看護の仕事ができるため、やりがいはありますが、転職が厳しいのが現状です。

無資格であるため、転職するためには実務経験の有無が採用に影響してきます。しかし、資格がないので、本人の能力がどれくらいのか判断しにくい傾向にあるのです。

本人のアピール次第ではありますが、看護師資格を持つ人に比べると不利なのは否めません。

また、看護助手はハードな仕事を任されることが多く、きつい仕事であると言われています。そのため、辞める人が後を絶たないのです。

肉体的にきついだけでなく、無資格であるため、看護師から下に見られることも多いと言われています。そのことからも、職場環境が悪くなり、辞めていく看護助手が多いのです。

ただ、医療行為ができない看護助手でも、患者様のお世話をする大切な仕事で、患者様から頼られる重要な業務になります。

無資格であるからといって、引け目に感じることなく、やりがいを感じて仕事をしていけば、継続して看護助手の仕事を続けることができるはずです。

また、心地よく働ける環境作りができる職場に就職できるかどうかも大切です。

無資格で転職が厳しい傾向にある看護助手ですが、長年同じ病院で勤めていれば、実績が求められて希望する転職ができるかもしれません。

看護助手で転職したいのであれば、まずは一つの病院で長年経験を積むことが転職を有利に進める秘訣です。

ブランクのある潜在看護師も活躍できる

看護師の資格を持っていても、結婚して現場から遠ざかったという潜在看護師は数多く存在しています。そんな50代の潜在看護師でも、復職して活躍することができるのが医療の現場です。

しかし、急に復職しても、昔のように行動できるか不安な方も多いでしょう。不安な場合は、看護師求人サイトを利用すれば、自分の望んでいる雇用形態で病院を探してくれます。

潜在看護師でも、医療現場での経験がある方を病院は求めていることがあるのです。そのため、ブランクが長いからといって復職を諦めてはいけません。

ただ、現役であった時と比べると、忘れている内容もあるはずなので、本や人に聞いたりして、医療の知識を復習しておくことが大切です。いざ現場で動けないと、採用されたのに落とされる可能性があります。

現役の時の感覚を思い出すように、復職するまでに医療の知識を再確認しておきましょう。

50代女性に求められる看護師スキルとは?

病院側からしても、若い女性の方が比較的体力もあって、伸びしろを考えると採用したいところがほとんどです。

それでも、50代の女性を看護師として雇用されるためには、病院側が求めている看護師スキルを持っているのかという点が重要になります。

どんな看護師スキルが、50代女性に求められているのか、詳しく解説していきましょう。

1.指導できる知識や経験

50代の女性看護師と言われていると、病院側は医療関係の知識や経験が豊富にあると考えます。

その知識や経験を若手の看護師に指導してもらいたいという気持ちから、指導できるほどの知識や経験を持っていることが転職する上で重要です。

さらに、指導の能力が認められれば、管理職としての地位に就くことも可能になるでしょう。
以前の病院で指導していた経験があれば、面接の時に話すと転職を有利に進められます。

2.看護の仕方も重要

病院で看護師が接する相手のほとんどは、患者様です。そのため、患者様にどう接するのか看護の仕方も看護師として重要なスキルの一つになります。

50代女性の看護師となると、患者様も安心して信頼してくれるので、相応の信頼感を与えることが大切です。

笑顔であったり、話し方などの看護の仕方次第で、患者様の感じ方が異なるので、看護の仕方は重要な要素になります。

患者様以外にも医師や他の看護師とのコミュニケーション能力も重要視されるので、看護はきちんと行えるかが大切な看護師としての能力といえるでしょう。

いつまでも現役でいられる看護師は転職で有利

50代の女性が活躍するのは、社会的には難しい傾向にあるでしょう。しかし、実務経験が豊富であれば、50代の看護師でも重宝されるのが医療の現場です。

特に、管理経験があれば、若手の指導ができるので、転職には有利になります。

ただ、体力的に看護師は厳しい面もあるので、働き方は自分なりに工夫をしていかないといけません。

しかしある程度働き方が選べるのも看護師の魅力。

非常勤や比較的体力の使わない介護施設で働くことも視野に入れることも大切な判断なので、検討してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-転職

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.