無職脱出から昇給まで独自の視点で就職・転職をサポート。おすすめ求人サイトの紹介、仕事術や暮らしの知識などキャリアアップに役立つ情報も満載です。

転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル

資格・勉強

諦めきれない?仮面浪人の方法と成功させるコツ

投稿日:

まず最初に言っておくと、仮面浪人はおすすめしないです。

上手くやらないと受験生としても大学生としても中途半端になりかねません。

それでも仮面浪人を考えている人には、この記事が何か参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

仮面浪人とは

仮面浪人とは大学に在学しながら、別の大学への受験、進学のため準備をしている学生のことです。

滑り止めの大学には通ったけれど、やはり本命の志望校を諦めることができない人に多いです。

仮面浪人のメリット

仮面浪人は、いわゆる普通の浪人生とは異なり、表面上は大学生であるため世間体が良いのはメリット。浪人生の身分は限りなく無職に近いですからね。一方で学生は何をするにも便利です。

仮に再受験に失敗したとしても、二浪せずに在籍中の大学にそのまま通うというオプションが用意されているのも便利。しかし同時に、退路があることがやる気を削ぐ足枷にもなります。

「別に失敗してもいいや」という気持ちで格上の大学に合格できる可能性は低いと言わざるを得ません。受験勉強と大学生活がどっちつかずにならないような工夫は必要でしょう。

仮面浪人のデメリット

仮面浪人のデメリットは浪人生のように受験勉強のみに集中できる環境にないこと。そりゃそうです。大学は受験勉強するところじゃないですから。

加えて入学後には、出会いやイベントがあります。講義を受ければ都度新しい知識の吸収も迫られます。

環境の変化に負けず、あるいはそれすら活かして仮面浪人を成功させるには、容易に折れない、確固たる合格への意志が必要です。

受験も大学生活も中途半端になると、後から取り返すのに苦労します。

下手をすれば留年。再受験は失敗し、学費はもう1年分必要。こんな状態に陥ればメンタル的に相当キツイです。

周囲との温度差も浮き彫りになるでしょう。友達が減り、孤独になる恐れもあります。

ハッキリ言って、いくら仮面浪人までしても、失敗する人はいます。勉強に専念するのも良いですが、次に落ちた時にどうするのかを考えておくことも大事です。

仮面浪人を成功させるための3つのコツ

大学の学部選びに注意

本気で仮面浪人を成功させるなら、漫然と入学する大学・学部を選んではいけません。

学部によって受験勉強のしやすさが違うからです。

何といっても重視すべきは、自由時間が多いかどうか。

こればかりは仮面先の各大学のカリキュラムをチェックしてみないことにはわかりませんが、一般論でいくと、理系学部の方が忙しいです。学部ごとにも差があります。文系学部でも、法学部はそう忙しくないのに経済学部はやることが多い
場合もある。履修のシステムにも拠ります。

また、休学の方法も確認しておきましょう。

現役時代のマインドセットではいけない

仮面浪人は堂々と浪人生であることを名乗れないため、孤独になりがち。そのせいで閉じこもって外部とのコミュニケーションが減ってしまうリスクがあります。

金銭的に余裕があれば予備校に通うのも良いでしょう。しかし、学費も予備校の費用もとなると高額。

現役時代以上に、自分の実力を分析しながら、状況に合った勉強法を構築する能力が求められます。誰かの言うことを盲信してついていくより、自分なりのプランニングも必要。

学校に通いながらだとますます勉強時間も取れませんから、まさに要点を押さえる技術が求められます。その辺は財力や体力とも相談しながらですが、少なくとも受験に対する意識は現役時代からアップデートしていくべきです。

周囲に宣言して家族や友人の理解を得られるかが重要

仮面浪人という微妙な立場から、再受験を家族や友人にも切り出せない方もいるでしょう。

仮に正直に打ち明けたとしても、簡単に支持してもらえるものではありません。

「せっかく大学に入ったのだから、そこで頑張ればいいじゃないか。何を贅沢なことを言ってるんだ」

これが普通の反応だと思います。

あなたの決意を支持してくれる方々に恵まれなかったとしても、その方たちを動かす情熱や計画をあなたは持っているでしょうか。

何となくもっと上の大学に入りたい、では誰も説得するのは難しいと言わざるを得ません。

しかし納得してもらえなくても、自分の意志を伝えておくことは正しいことだと思います。ほとんどの学生は親からの資金援助に頼って受験も大学生活も送ってきているでしょう。

それに、目標を身近な人に宣言するだけでも気持ちの切り替えもできますし、覚悟を新たにできます。

合格して見返してやろうという気持ちがモチベーションになります。ただ、合格しても絶対認めてくれないようなら再考が必要ですが。

また、友人や同級生へ伝える際はますます気を配らなければなりません。

再受験するという話だけなら、「お前たちと同レベルの大学じゃ不満なんだ」と勘違いされても仕方ないですからね。

その辺を上手に説明できないなら、黙っておくことも一つの選択肢ではあります。あなた自身や周囲の人々の性格、考え方にも拠るでしょうね。

まとめ

このページでは仮面浪人を成功させるコツを見ていきました。

ポイントは3つ。

  • 大学の学部選びに注意
  • 現役時代のまま気分ではいけない
  • 周囲への対応の仕方

学部や学科のチョイスは、再受験にご自分がどのようなスタンスで臨まれるかどうかでも変わってきます。また失敗した場合は当面はそのまま現在の大学に通い続けることになるため、そこで得られるものも軽視できません。

厳しめに論じてきましたが、達成すればその分喜びはひとしおでしょう。検討される方の健闘を祈ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

-資格・勉強

Copyright© 転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル , 2018 All Rights Reserved.