無職脱出から昇給まで独自の視点で就職・転職をサポート。おすすめ求人サイトの紹介、仕事術や暮らしの知識などキャリアアップに役立つ情報も満載です。

転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル

就職

鍵師になるには|鍵師の仕事内容と養成講座

更新日:

鍵師とは、錠前に関する専門技術を活かしての解錠や合鍵作成を行う職業をいいます。

厳密には錠前とそのカギを作るのは錠前師の仕事で、オリジナルのカギなしで鍵を開ける仕事を鍵師と呼ぶようですが、実際のほとんどの鍵屋はカギを作ってもくれます。

鍵師には家のカギをなくした時や、鍵を取り換える時に依頼するのが一般的ですが、鍵師になるための情報が少なく、勉強しようにも民間の資格や学校がいくつかあるだけ。

そこでこの記事では、鍵師になるための条件から技術の習得、費用などの情報を簡単にまとめておきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

鍵師の仕事内容

鍵束

カギの専門家である鍵師の仕事は、鍵のトラブルの解決。

家の鍵から自動車、金庫、シャッター、電子キーなどを広範囲に扱いますが、鍵屋によって専門・得意分野は異なります。

鍵師に必要な要素をざっと挙げると以下のような感じ。

  • 体力
  • 探求心
  • コミュ力

体力は主に鍵師として開業する場合に必要

どんな仕事でも体力があるに越したことはないですが、鍵師としてまずいきなり開業すると行っても、人を雇う余裕はないと思います。なので自分一人で作業に当たる訳ですが、人脈も信用もない状態から仕事を取るとなると、仕事内容や時間帯を選んではいられません。(無論、法に抵触する仕事を請けてはいけないです)

営業形態にも拠りますが、場合によっては朝早くや真夜中に緊急で鍵開けに走ることもあります。

サラリーマンと違い、体が潰れれば収入もストップしてしまいますから、一層カラダのケアが大切。

また、キーメイキングは繊細な作業でありながら、シリンダーの取り付けやドリルを使った解錠では腕力も必要になります。時には重い工具を持ち運びますから、女性や力に自信のない男性は筋力にも意識しておくべきです。

建設業で内装の仕事とかやってるとちょっとだけ有利かも。

もっとも、ホームセンター等で雇用された働く場合にはそこまで体力・腕力は必要ないんじゃないかなと思います。

鍵への飽くなき探求心が一流の証

鍵・錠前を含め、セキュリティの分野は年々進化しています。

昔の車はピッキングで解錠できていましたが、最近の車は純粋なピッキングで開けられるケースは珍しいです。

自動車ほどでないにせよ、家や金庫などの鍵の仕組みも進化を続けています。知識を常にアップデート(更新)していかないと、進化についていけないでしょう。

鍵屋として儲けを伸ばしたいなら、鍵だけでなくセキュリティ全般の専門知識が不可欠。

時代の変化についていけなければ、当然仕事の腕に関わりますし、客数や信用も減少します。

そうならないために、日常の業務の傍ら、鍵を研究している鍵屋さんも多くいます。

コミュニケーション能力

熟練した鍵師なら、簡単な機構のカギは一瞬でピッキングできます。

でも、鍵師は専門的サービスの対価として、決して安くないお金を頂く訳です。短い時間で終わっても、お代は頂かないといけない。

もしも鍵師が無愛想で説明不足なら、お客さんは納得しないかもしれませんよね。

「なんでそんな一瞬で終わるのにこんなに金を払わないといけないんだ?」とクレームが来るかもしれない。

鍵師は専門技術を追求する職人としての一面とともに、日々客の困り事を解決するサービス業としての顔も持ち合わせなければなりません。

錠前と鍵の知識だけが鍵屋のステータスではないということです。

鍵師になるには?

鍵師になる方法として、一般的なのが養成学校に通うことです。

実際に多くのプロの鍵師を輩出している学校として、以下の2校が有名です。

鍵師養成7日間講習(日本鍵師協会)
鍵の学校ロックマスター養成講座(日本錠前技師協会)

養成講座の内容は、実務家の先生や鍵の専門家の講義を聞いたり、実習としてピッキングや鍵の作成を行います。

開講期間や内容は各養成講座によってマチマチで、例えばロックマスター養成講座の「おすすめ開業コース」では、様々な鍵を開ける練習から営業方法までガッツリ学べるみたいです。

学校によっては、卒業後には信用とスキルアップを目的とした鍵師の資格取得にもチャレンジできますし、受講生特典で非公開の求人に応募できることがあるかもしれません。(件数はあまりないとは思います)

鍵の知識がまったくない状態から開業をお考えの方は、何かしらの養成講座に通っておく必要があります。

鍵師の養成学校の費用

養成学校の費用は、

・鍵師養成7日間講習(日本鍵師協会):138,000円 ※奨学金あり
・鍵の学校ロックマスター養成講座:280,000円~480,000円 ※価格は講座によって違う。

となっています。

決して安くはないです。安さと短期決戦なら鍵師協会の7日講習ですが、コスパの高さならロックマスターの方が優れています。

鍵師の求人は少ない

検索するとわかりますが、鍵師の求人は少ないです。

都心なら常時数件見つかりますが、地方だと0件もあり得ます。そもそも鍵屋は小規模ですし、ホームセンター等でも少人数で足りますので、そうそう増員しなくて良いですからね。

不動産会社や警備会社に就職するのに、鍵師の資格がプラスになるかもしれないですけど、微妙かも。

純粋な鍵屋に就職するには、前述の養成講座を経由して人脈や非公開の求人を見つけるとか、地元で目ぼしい鍵屋で就業させてもらうとかですかね。求人を出していなくても、一応電話確認くらいはしといた方が無難。

ネットよりはアナログ的な手法になりそうです。

開業希望の人なら、現状インターネットを活用している鍵屋は少ないのでチャンス。さすがに関東エリアはちょくちょく見かけますけど。

一方でアナログ的な営業や根回しも忘れてはいけません。地域によっては、警察とか然るべき場所にきちんとあいさつ回りしないと、後々困るらしいです。

その辺の情報収集も重要ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

-就職

Copyright© 転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル , 2018 All Rights Reserved.