無職脱出から昇給まで独自の視点で就職・転職をサポート。おすすめ求人サイトの紹介、仕事術や暮らしの知識などキャリアアップに役立つ情報も満載です。

転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル

社会 就職

仕事を選ばなければ正社員になれるの嘘。求人は選んだ方が良い理由

投稿日:

「仕事がない」という求職者に対して投げかけられる、「選ばなければ仕事はある」という意見。

確かに求人自体はハロワにも求人サイトにも数多く掲載されています。求人数だけなら年々減るどころか増えているくらいです。

つまり、仕事を選ぶなという人たちは、求職者はいつまでも仕事を選り好みしているから就職できないのだと言いたいのだと思います。

短期的に働き口を見つけるだけなら、それでいいと思います。

しかし長い目で見れば、「仕事を選ぶな論」は本当に相手のことを考えた意見とは到底思えません。その理由を説明します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

嫌な仕事は続かない悪循環

経歴に問題があっても、条件的に劣悪な求人を片っ端から受けまくれば職を得ることはできるでしょう。

そんな会社でしか働くことがない理由も、自己責任論で片付けられます。これまで努力しなかったのが悪いのだと。

でも実際に働くことになった人からすれば、やりたくない仕事を金のためだけに嫌々続けることになります。

これも自己責任ですか? それとも自分も嫌な仕事を頑張ってるんだから、同じ苦労をしろと?

嫌な仕事ほど逃げたしたくなるのは人間として当然です。心は折れなくても身体を壊すかもしれません。

そして、退職・転職の回数が重なるほど、次の採用で不利になっていきます。

偶然でも働いてみて、同僚と良い人間関係が築けたとか、ストレスまおるけど意外に楽しい仕事だと分かったとか、前向きなモチベーションが持てれば結果オーライではあります。

また実際に体験してみなければわからないことも多いですから、なので行動すること自体が100%間違っているとは思いません。

だとしても、将来を考えると最低限求人を選ぶことは大切です。

高望みはダメだが一貫性は必要

とはいえ、自分のスペックに合わない求人ばかり受け続けるのも現実が見えていません。

いくら求人に応募しても採用選考に落ち続けるようでは、応募先の業種やランクを選び直す必要はあります。

誤解してはいけないのが、高望みしてでも希望や目標の仕事を受け続けろという訳ではないことです。

行き当たりばったりでは職に就けても、次により良い転職をするためにはキャリアに一貫性が求められます。

この点、仕事を選ばない論はその場限りの視点でしかありません。

考えてみて下さい。

やれる仕事をとにかく何でもやってきた人がいたとします。

色んな経験をしてスキルもあるでしょう。でも、これじゃキャリアに一貫性がなく何をやりたいのかわからないし、どこを目指しているのかもわかりません。

「仕事をくれるなら何でも良い」では、雇う会社側も雇う気になれないですし、応募する側も志望動機を作るのに苦労します。

さすがに「給料が良い」「待遇が一番だった」という理由で採用してくれる企業はごく稀でしょう。

一方で、派遣からのスタートでも、自分なりの仕事観を持ち、目標を大まかにでも定めて、関係する資格を勉強しながら実務経験を積んできた人なら企業としても魅力的です。何せその会社に合うようにキャリアを形成してきている訳ですから。

採用担当者としてどっちを取りたいかは一目瞭然ですよね。

プラスの転職のために求人を選ぶ

別に途中で方針転換しても良いんです。それを言葉で説明できることが大事。

就職や転職を成功させるために採用担当者の心を動かすには、ただ金のため、生活のためじゃなく、綺麗事が必要なんです。

だからこそ、最低限自分の思い描くキャリアプランに沿った求人を選んでいくべきです。

どんな仕事に応募するとしても、逃げではなく、「~したい、~に興味がある」といったプラスの理由を意識しましょう。

もっとも何をやってよいのか全然わからない状態なら、とりあえず何でも良いので働くで問題ないと思います。

働きながら、その職場で得られる経験やフィーリングをもとに、次にどんな仕事をしたいかを考えていけば良いのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

-社会, 就職

Copyright© 転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル , 2018 All Rights Reserved.