ライフ

実印・銀行印・認印の違いと印鑑証明の手続方法|今さら聞けないハンコの知識

更新日:

判子と契約書

学生さんや社会人になって間もないと、実印、認印、印鑑証明などの何となくの意味は分かっても、はっきりと説明できる方は少ないのではないでしょうか。

私もそうでした。「実印が売っていて、でも登録しないと使えない???」と戸惑ったものです。

日本でも近年、サイン・署名での契約も増えましたが、やはりまだまだハンコ社会です。

判子の知識なく押印するのは危険と隣り合わせ。それは不味いということで、印鑑の基礎知識をここで身につけておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

実印とは

そもそも実印と他の印鑑の何が違うかを一言でいえば、証明力です。実印というのは、「役所にこれが私の印鑑です」と印影を登録した印鑑のことをいいます。

お店で実印と称して売られている印鑑は、実印用の印鑑ということ。

それだけではただの立派なハンコに過ぎず、印鑑登録を済ませていない以上、実印としての効力は厳密にはないのです。

実印になぜ高い証明力があるかというと、住民票のある私(持ち主)が予め自分の証明としてお役所に登録してあるものだから、安心してこの判子で契約できますよ、という理由。

また、実印として登録するには判子屋さんで作ってもらったハンコでなければならないように思いますけど、実は自分の名前の彫られた判子ならほとんど何でもよくって、100円ショップで売ってるような三文判(くるくる回る台とかに並んでるやつ)でも実印として印鑑登録することは理屈の上では可能。

でも、普通そんなことしませんよね。なぜかというと、偽造がメチャクチャ簡単だから。

同じ三文判を買ってきてあなたに成りすますのは全然難しくないし、判子自体も簡単に作れる。そんな訳で、一般的な実印というのは複雑で、一見何書いてるか分からないような印影にしてあるんですね。

印鑑登録とは

ここで印鑑登録の手続についてもう少し詳しく説明しておきます。

あるハンコを実印として使うためには実印用のはんこを買っただけではダメで、役所で登録して初めて実印としての効力が発生することは上の方で書いた通り。

その手続というのが、役所に実印として登録する判子を持って行って、その印影(ハンコの模様)を登録すること。これが印鑑登録。

たぶん今も同じだと思いますが、市役所や区役所の職員の方が印影の移りやすい朱肉を付けて、ぐりぐり~っと綺麗に用紙に押印して印影を取り、それが保管されます。(もちろん、判子は返してもらえますよ。)

車(軽自動車以外)や家の購入の際に、その印影の映った紙を印鑑証明書として、役所で発行してもらうことになります。大きな買い物ほど、何かあったときのためにも、契約の信用性が大事ですから。発行料は300円とかその辺。

つまり印鑑証明書は、役所にこの判子が登録されていますよ、という証明書なのです。

認印とは

認印は何の登録もしないので、証明力のランクは低いです。そのため三文判やシャチハタが多用されます。

社内文書の検印とか、宅配便の受領印はこれ。まあ、サインと同程度の効力という訳ですが、日本はハンコ社会ですからサインよりは認印の方が好まれますね。

ただ認印といって油断してはいけません。

三文判での認印でも法律上の契約は成立しますし、なりすましも容易なので、ある意味使い方によっては最も注意が必要ともいえます。

銀行印とは

銀行印はポジション的に認印と実印の中間ぐらいの位置づけにあります。

公の機関に登録するわけではないですが、大切なお金という財産を一手に担う金融機関に登録される印鑑ということで、銀行印も実印のようにハンコ屋で作ってもらうことが多いです。

当然ながら銀行くらいしか使い道はないですが、実印を作る際は、銀行印も一緒に注文しておくと良いでしょう。私もそうしました。

hankoya1
ハンコヤドットコムで実印と銀行印を作ってみた

私は就職するまで実印を持っていなかったのですが、仕事や車を買う際に、必要に迫られて購入しました。 田舎に住んでいるので、ハンコ屋なんて商店街の近くにあるような小さな店しかないし、そういう場所って車で行 ...

続きを見る

ちなみに防犯上の観点から、実印と銀行印は別々に作っておくことをおすすめします。一つの印鑑で兼用することもできなくはないのですが、なくしたときに手続が大変なので。

まとめ

この記事を読んで頂ければ、実印・銀行印・認印の違いや、印鑑登録と印鑑登録証明書の意味をざっくりとは理解して頂けたのではないかと思います。

実印登録できる印鑑が自治体によって違っていたり、会社にも実印があったりとまだまだ奥が深いですが、基本的なことを理解しとけば、とりあえず何とかなります。

↓の参考記事では実際に実印と銀行印をネット通販(ハンコヤドットコム)で買ったレビューです。

hankoya1
ハンコヤドットコムで実印と銀行印を作ってみた

私は就職するまで実印を持っていなかったのですが、仕事や車を買う際に、必要に迫られて購入しました。 田舎に住んでいるので、ハンコ屋なんて商店街の近くにあるような小さな店しかないし、そういう場所って車で行 ...

続きを見る

わざわざ判子屋まで行くのも面倒臭いという方は、ネットで簡単に注文することができますので、ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-ライフ

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.