無職脱出から昇給まで独自の視点で就職・転職をサポート。おすすめ求人サイトの紹介、仕事術や暮らしの知識などキャリアアップに役立つ情報も満載です。

転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル

資格・勉強

宅建と行政書士の組み合わせはダブルライセンスの定番

更新日:

行政書士のダブルライセンスで比較的多くみられるのが、行政書士+宅建です。

その理由は、行政書士試験受験者にとって、取りやすいことにあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

宅建とは

宅建は、「宅地建物取引士」の略です。

平成27年4月から、それまでの名称である「宅地建物取引主任者」から変更されました。そのため宅建士、宅建取引士とも呼ばれます。

不動産取引法務の専門家であり、契約の際に一定の重要事項について宅地建物取引士による重要事項説明書の交付と説明がなされなければならず、また事業所ごとに規定の人数の宅地建物取引士を置かなければならないため、ニーズの落ちにくい資格です。

名目上は士業となったものの、金融業や建設業でも宅建の取得を奨励している企業は多く、資格の性質としては就職して社内で活躍する形がメインです。

この資格だけで独立するのは不可能ではないですが、相当の経験や人脈がなければ難しいと思われます。

単体でも充分協力な宅建ですが、行政書士とは相性も良く、ダブルライセンスにおすすめです。

宅建と行政書士業務の相性と活かし方

共に法律系の資格であり、業務上でも関連があるかと思いきや、双方間で直接業務内容が被ることはありません。

ですが宅建資格を保有することで、行政書士としての業務範囲の広がりが期待できます。

宅建は不動産取引における民法に強いですし、試験範囲で建築基準法にも触れますから、建設業許可などを通じて建設業や不動産業を営む業者と付き合う際の武器になります。

さらに、飲食店の営業許可申請など、不動産取引の絡む業種や、宅建取引業免許申請で有益なアドバイザーにもなり得ます。

その他、宅建で得た知識が相続や、契約書類作成に役立つこともあります。これらに留まらず、非常に広範囲に応用の効く資格の組み合わせです。

試験における関連性

試験については両方共に毎年1年に1度、それぞれ宅建が10月の第3日曜日に、行政書士試験が11月上旬の日曜日に行われており、
試験日が近く、並行して勉強が進めやすいです。(試験日については変更の可能性も充分にあり、各自での確認をお願いいたします)

また共に年齢、学歴、実務経験などの受験制限がなく、受験しやすいことも特徴です。

試験形式も、宅建試験はすべてマークシート。行政書士も40字記述が3問ある以外はマークシートとなっています。科目は民法が重複しています。

行政書士試験の方が民法の出題レベルが高めですので、行政書士の勉強がそのまま宅建の民法対策になるでしょう。

宅建資格の取得方法・勉強法

一般的には宅建試験の難易度は行政書士試験よりも易しいと言われています。

合格率で見ても、宅建が15%前後なのに対し、行政書士は10%を下回ることも多い。油断は禁物ですが、行政書士の合格者は自信を持って臨んで良いと思います。

宅建士は市販の教材を使用しての独学でも合格は可能ですが、勉強の環境や、試験日までの日数などにもよります。

自分で試験対策する時間が惜しく、最低限の効率的な勉強で切り抜けたい場合は予備校を利用するのも効果的です。通信講座を利用するのも有力です。

通信教育のフォーサイト



まず宅建を取り、次年度以降に行政書士を取るか、または行政書士試験合格後に宅建を取るのであれば、時間的には余裕があるのではないでしょうか。

一気に二つ取るぞ、といった場合は、上手に勉強を進めていかないとどちらも駄目になってしまっては元も子もありませんから、注意が必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

-資格・勉強
-

Copyright© 転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル , 2018 All Rights Reserved.