無職脱出から昇給まで独自の視点で就職・転職をサポート。おすすめ求人サイトの紹介、仕事術や暮らしの知識などキャリアアップに役立つ情報も満載です。

転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル

資格・勉強

行政書士試験の記述式対策に力を入れていなかった私が本番の記述で9割以上得点できた理由

更新日:

行政書士試験300点満点中60点を占める記述式。

法令等科目に限れば244点中の60点ですから、全配点のおよそ4分の1になるわけで、本試験後には、「合否は記述の結果次第」という書き込みも多数みられます。

余程優秀な受験生でないと、択一のみで180点に達するのは無理です。とすれば、まさに先ほど紹介した書き込みの通りで、記述は合否のカギになるということです。

各資格学校も独自の記述講座を開講し、市販の問題集でも記述対策用のものが売られています。
が、私はそういった市販の教材を使用せず本試験の記述式で9割以上の点を獲得しました。(教材は買って、後でやろうとは思っていたのですが結局やらずじまい)

ではどうやって記述で高得点を取ることができたのか。高得点を取るために必要なことを、振り返りながら説明します。

記述は択一式の知識の上に成り立っている

まず覚えておいて頂きたいのは、記述で書かされることは、択一で問われる知識が元になっていること。

択一ができなければ記述はできないように作られています。

逆に記述が抜群にできて択一はダメダメ、という方は行政書士試験に関してはいないんじゃないかと思います。

「記述の答案は択一の知識で作成する」これをまず念頭に置いて頂きたい。

問題の問われ方と配点

出題形式の基本をおさらいしておくと、記述というのは例年、行政法から1問、民法から2問の計3問出題されます。各20点の計60点満点ですね。

採点基準は公表されていませんが、指定のキーワードや適当なフレーズが書けていれば完璧に正答できなくても、部分点が入るとされています。

あと、原則として文字数が40字ならば、もちろんその文字数に合わせて解答することが条件です。

私がやった記述対策

行政書士試験の記述には択一の知識が必要、と強調してきましたが、決して記述対策をやらなかったわけではないです。

ただ記述対策に絞ってやったのは、以下の講座+付属テキストだけ。

  • LEC通信講座の記述解きまくり講座(民法)

行政書士サイトはこちら



私はLECの行政書士通信講座を受講していたのですが、その内の記述用の教材ですね。

行政法からも記述は出題されることはご説明しました。でも私が解いたのは民法の分だけ。

どうして民法だけをやったか。

  • 行政法からの出題は1問だけ、対策は割に合わないと思ったから
  • 行政法の記述は、民法のそれよりも択一の知識に直結したものが多いと判断したから
  • 単純に時間がなかったから

以上の3つが私が民法のみに記述対策を絞った理由。民法の方が特に対策が必要だと思ったからだけで、行政法もやるに越したことはないですよ。

もしかしたら私の主観が入っているかもわかりませんが、計3問ある記述式のうち、行政法の1問と民法の1問、計2問は素直な知識問題なんです。

問題文で問われていることを、重要な用語を並べて解答するタイプ。解答文は自然と、教科書に載ってる文に近くなります。

あとの1問は試験会場でひねり出すことを要するタイプ。あるいはテキストに載っていなかったり、載っててもあまり重要論点じゃないやつ。

要は難しいんですね。合格点を操作する目的すら感じられます。

年度によっては割と知識で解けるものも出てくることもありますが、その年は記述があまり難しくないと評されます。が、受験する前からこれを期待するようではいけません。

なぜ択一ができて記述ができないのか

択一ができれば記述は自然とできてきます。

どういう訳か、択一は合格ラインの知識があって自分でも自信はあるのに、記述式になると間違えてしまう・・・という方は以下の3つのポイントに気をつけてみてください。

1.用語の正確な記憶はできているか

ある用語を正確に覚えていることは、単に漢字を間違えずに書けるということもそうですが、用語の意味、用法を理解していることを指します。

もう自分のものにしているはずの用語を、微妙に間違えて覚えていた、自分流に解釈してしまっていないでしょうか。復習の際、条文をめんどくさがらず引く、定義を丁寧に押さえることが大切です。

2.問題の意図を正確に読み取れているか

分かってるのに間違えるパターンに多いのがこれ。問題文が問うていることをきちんとキャッチできてないんですね。解答を見て、「ああ、それならわかってたのに」「そっちかー」となっているようでは駄目。

これも一つ一つの文言の正確な理解に関連しますが、要件と定義を狂いなく押さえていれば大丈夫。あとは早とちりしないこと。

3.パターン暗記には限界がある

過去問や問題集は解けるけど模試や本番になると点が取れない人は各論点の理解が浅いかも。

各問題の理解が浅いままでも、問題集をやりまくればパターンを覚え込むことはできます。そうすれば反射的に、さほどの思考を必要とせずある程度の問題は解けるようにはなります。

ひたすら何も考えず勉強しまくれば、それはそれで合格も不可能とは言いません。でもそのやり方は堅実なように見えて危うい。理由は、ひねった問題に弱いから。

行政書士試験は単純な暗記モノのように見えて、実は考える力も問われています。これからもその傾向は続きますし、もしかするとその割合は増すかもしれない。

機械的に問題を解いて覚えるという手法は、通じないとまでは言いませんが非効率的です。それが分かれば、同じく過去に問われた記述の解答を暗記するような勉強法が効果があまりないことは想像に難くないはず。

あくまで法律を駆使運用する専門家になる試験であることを頭に入れて、条文の暗記、要件定義の確認を怠らないこと。応用力は確実な基礎からです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

-資格・勉強
-

Copyright© 転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル , 2018 All Rights Reserved.