就職 脱ニート・無職

20代無職がハローワークに初めていったときの仕事探しの手順

更新日:

ハローワーク入口

ハローワークって一体どんなところなんだろう?

無職期間が長いと外出するだけでもキツイのに、ハローワークに初めて行くとなると緊張しますよね。

私も何度かハロワの前まで行っても中に入れず、引き返したことを思い出します。

しかし、仕事を探すならハローワークは一度は行っておきたい場所です。仮にハロワで就職先が見つからなくても、実際に体験してみることで後々役に立つこともあるでしょう。

この記事ではハローワークで仕事を探す手順を書いていきます。正直5、6年は前のことなのでうろ覚えのところもあるのはご了承ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

受付で求職者登録をする

私の地元は合併前は人口10万にも満たない地方都市でした。そんな地方でもハローワークはあります。

厚生労働省のサイトに全国のハロワの所在地が載っていますが、よほどの僻地に住んでいなければ充分通える場所にあると思います。車の場合は駐車場は少ないですけどね。

用紙に必要事項を記入する

建物の中に入ってすぐの受付の人に「初めてなんですけど」というと、登録用紙を渡されます。(または、記入用のカウンターまで案内されると思います。)

用紙に氏名住所をはじめとする個人情報を記入していきます。学歴とか資格も書きます。もし良い求人が見つかったときのためにも、履歴書を1通しっかり書いて持ってきておくとよいです。

不安な方は証明書類なども持参しておいた方が良いですね。

求職者登録の用紙を記入し終えたら、受付に提出します。そこで求職者カードみたいなペラいカードをもらった気がします。

次からこのカードを受付で提出する訳ですが、紛失して何回か利用者登録し直したような・・・。

パソコン端末が空くのを待つ

利用者登録が済んだら仕事を探します。

求人は専用のパソコンを使って検索するのですが、地方のハロワといえど、割と人がいます。求人も多いのに求職者も多い。不思議ですねえ。

求人を探すための端末が空いていない場合は、受付番号札を貰って待ちます。私の行ってたハロワは待つスペースもなく、フロア内でぼけっと突っ立ってたと思います・・・。

番号順に空いたらその番号の机に座ってパソコンで求人を探していきます。パソコンといってもタッチペンでパネルを押していくだけなので肩肘張る必要はなし。

確か1人が端末を使える時間は制限されてたと思います。どんな求人を探すか、あらかじめ目星をつけておきましょう。

※やっぱり地域によって差があるようで、求人検索の前にカウンセリングを行うところもあるようです。

ハロワの中の様子(地方)

 

建物内は静かで、一部の人は負のオーラが漂っていると言いますが、その表現も何となくわかります。

都会はどうなのか知りませんが、地方のハロワともなると来ている人も中年~高齢のおじさん・おばさんが多いですから。元々若者が少ない町に仕事を探して中高年が黙々とパソコンを見ているので、異様といえば異様かもしれません。

良い求人が見つかったらプリントアウト

求人情報を見ていき、よさげなのがあればプリントアウトします。

印刷できる枚数も制限があった気がしますが、その場所にも拠るのかも。

プリントアウトした求人情報の紙を職員のいるカウンターに提出して、この求人に興味があることを伝えます。すると職員が求人にのっている仕事について、簡単に説明してくれます。まあ、一般論レベルで。

それでよければ、実際に企業に電話で問い合わせてもらいます。

「わたくしハローワーク○○市の××と申しますぅ。御社の求人に応募したい方がおりまして・・・○歳男性、未経験ですぅ。はいぃ。あっ、よろしいですか?」

・・・みたいな感じで応募できるかどうか確認してくれます。

会社側がOKなら、書類(履歴書+紹介状)を送付するか、面接時に持参するか知らされます。職員から紹介状をもらえますので、忘れずに。

あとは指定された通りに履歴書を作って、紹介状とあわせて面接に持って行きましょう。

ハロワ職員はピンキリ

この段階であまりにも求人の要件と現在の自分のスペックがかけ離れていると、職員からグチャグチャ言われることもあります。

ただでさえニート・無職という立場なので、ウザイ職員に当たる可能性もゼロではない。でも、私の通っていたハロワではそういう意味で説教臭いような人間はいなかったです。

居てもちょっとやる気がないとか、声がでかくてこっちが恥ずかしいとかそんな感じだったと思います。少なくとも20代無職ならネットで言われるほどボロクソに言われることはないかなという印象。

まあ、転職エージェントに比べたら明らかにモチベーションは低いですけどね。

これは構造上仕方ないのですが、もし第二新卒枠や大卒でまだブランクが浅いなら、転職サイト・エージェントも当たっておくべきでしょう。

初心者
無料なのに転職エージェントを使ったことのない方向け!転職エージェントの基礎知識

転職エージェントというのは、基本的に無料で相談できるものです。 タダより高いものはない・・・サービスには対価が必要と思うのはもっともです。でも無料なんですよ。 無料で使えるからこそ、是非積極的に使って ...

続きを見る

求人だけならネットで検索できる

家にPCがあったりスマホをお持ちなら、事前にハローワークインターネットサービスで求人検索できます。

その日更新されるような最新の求人はハロワの端末でしか見れないですが、それ以外はすべてネットに繋がってればサイトから検索可能。

私が行っていた所のように、ハロワでの端末の利用時間が限られていると、ある程度良さそうなのはピックアップして控えておくと現地での時間を有効活用できます。

「じゃあハロワ行く意味あるのか?」と思いますけど、一応紹介状が面接してくれる条件になってたりもするので。

あと一般のネットから見れる求人データは、会社名とか詳しい要件が公表されてないものも多いです。窓口で問い合わせたら、詳細についても教えてくれます。

なので結局はハローワークまで足を運ばないといけないんですね。

まとめ

ハローワークが転職サイトやエージェントよりも良い面をあえて挙げるなら、適度に無関心なところです。

本気で仕事を探すには自主性も大事ですが、ハロワなら特定の仕事をゴリゴリ勧められたりすることはないと思いますので、気が楽ともいえます。

無職なら、放っておいて欲しいときもありますからね。

初めての場所に行くとなると、服装や持ち物など気にすればキリはないですが、極端な話ハロワでちょっと変なことをしたくらいで何ともないです。きちんとしておくに越したことはないですが。

とりあえず行ってみるくらいの気持ちでも良いのではないかと思います。行ってみることでわかることもあるでしょうから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-就職, 脱ニート・無職

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.