語学

英会話を最速で上達させたいなら英検やTOEICは受けるな

投稿日:

英会話を上達させたいから「英検1級取ります」とか「TOEIC900目指します」って人いますけど、あまり意味ないです。

英会話の力を伸ばしたいなら、そのための訓練をしましょう。

てな訳で、この記事ではなぜ資格試験の勉強がスピーキングに意味がないのか、効率的に英会話ができるようになるためにどうすればいいのかを解説していきます。

英検やTOEICは英会話上達に不向きな理由

英検やTOEICの勉強が会話力向上に全く意味がないとは言いません。ただ、明らかに遠回りなのは確かです。

まず英検やTOEICのような試験は必要とされる文法や語彙の勉強量に対して、会話の比重が小さすぎ。水泳の自由形で速く泳ぎたいのに、平泳ぎやバタフライを練習しているようなもんですよ。

そもそもTOEIC L&Rにはスピーキングがないし、英検も準一級・一級ともに限られた形式でのスピーキング能力を測るもの。結局、試験のための英語です。

会話には決まった形式なんてないです。英検何級持ってようと関係ないです。TOEIC900持ってても全然喋れない人もいます。

習い事思考から脱却すべき

じゃあなぜ多くの人が、英検やTOEICのスコアを上げれば英会話も上達すると思い込むのでしょうか。

この辺は日本人特有の思考なのかもしれません。

実用英語といいながら、型ばかり重視しちゃうんですよね。車の運転が上手くなりたいのに、路上教習より学科試験の勉強ばかりやってる感じです。

なぜかというと、運転技術そのものより、免許を取得したという事実が評価されちゃうから。就活や転職で見られるのは英検の級位やTOEICのスコア。実践力ではなく資格取得で得られる格付けのみ。

あるいは、そろばんや水泳、武道のような習い事のように、ほとんどの人の実生活に直結しない「教養」として英語を勉強しているに過ぎないのです。

だから英語を教養・スキルと捉える習い事思考が抜けきらない。級位やスコアを上げれば良いという発想になる。

これじゃスピーキングが二の次になって当然です。

それをわかっていないと、いざ英語でコミュニケーションをとる段階になって初めて、予想外の事態に困惑します。

「相手の話が全然わからない」「こんな時、どう答えたらいいかわからない」となる。

そうならないためには、英語がコミュニケーションツールであることを自覚して、資格試験とは別に英会話の練習をする必要があります。

英会話に必要な2つの能力とは

英会話の上達に必要なのは語彙力や文法力もそうですが、もっと根本的な能力として、私は以下の2つを挙げます。

  • フレーズ暗記
  • 脳内英作文の速度

英語圏の国では難しい単語や表現を知らない子供も普通にコミュニケーションできてます。

その理由の一つは、「こんな時はこう言う」パターン化された決まり文句が身についているから。よく使う短文が脳内にストックされているんですね。

我々も日本語を喋る時に、日頃の挨拶とか仕事上の応対とか、「こういう場面にはこう言う」と決まっているフレーズがあると思います。「いらっしゃいませ」「少々お待ちください」みたいな。そういう言葉は必要な場面で、自然に口をついて出ます。

またこのような一定のフレーズから成る応酬は余計なワーキングメモリを消費しないので、その間に自分の言いたいこと、考えていることを整理する時間も作れます。

フレーズ暗記というよりは、一定の頻出する会話のパターンを自分のものにする感覚です。

あとは頭の中で英文を意味の通った形に組み替える英作の速度。

試験と違って会話のテーマは固定されている訳ではなく、その場の様々な状況をもとに話を組み立てていく臨機応変さが求められます。

これはスピーキングのある英検でも養えない能力で、むしろ英語圏の人と雑談する方が効果的です。

ブロークンで文法は怪しくても、割と英語での会話が続く人は大体場慣れしていて、この手の能力に長けています。

オンラインで格安英会話レッスンを受ける

①頻出フレーズの習得と②英作速度の強化。この2つを伸ばすにはどうするか。

高校生レベルの基礎が身についているなら、会話で実践と言いたいところですが、いきなり英会話学校や英語カフェはハードルが高いという方も多いはず。

そんな方におすすめなのがオンライン英会話です。

最近はスマホアプリやロゼッタストーンのような非対面の会話教材も多いですが、やっぱり英会話の上達に限れば、人と話すのがベストだと思います。

しかし、最初は上手く話せないし、聴き取りも難しいです。私もオンライン英会話を始めた当初、何もしゃべれず結構凹みました。

中高6年英語をやっておいて「コレか・・・」と思うと情けなかったですけど、オンライン英会話の先生は優しく丁寧に教えてくれました。お金を払ってレッスンを受講している訳で、あちらもプロとして対応してくれます。

英語カフェは初心者コースでもキツかったり、英会話学校は逆にレベルが低く実用性が無いとも聞きます。

もし、私がいきなり英会話カフェに行ってたら、そのまま英語が嫌いになってたかもしれないです。

現状ではオンライン英会話で自分のレベルに合うレッスンを見つけるのが、会話力の養成には効果的なんじゃないかなと思います。(値段も安い)

初心者にもおすすめオンライン英会話

ただレッスンを受けるだけではダメ

留学したり語学学校に行くのは基礎力が付いてからとよく言います。

そこまでではないにせよ、オンライン英会話も最低限の準備と復習は必要です。ただ喋ってるだけで上手くなるようなセンスのある人は、少ないと思います。

TOEICは英会話に意味がないとは言いましたが、TOEICでそれなりのスコアが取れる実力がないと厳しいのも事実。英会話はアウトプットの場なので、相応のインプットを済ませておくべきです。

その上で目的意識をもって臨めば、留学しなくても地方在住でも、英語での日常会話はできるようになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-語学

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.