無職脱出から昇給まで独自の視点で就職・転職をサポート。おすすめ求人サイトの紹介、仕事術や暮らしの知識などキャリアアップに役立つ情報も満載です。

転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル

ゲーム

遊びながら英語が学べる本格スマホアプリ『英語物語』をプレイしてみた感想

投稿日:

英語物語はゲームを楽しみながら英語が勉強できるアプリ。

単語、文法、発音、形容詞・副詞などトータルに英語を学ぶことができます。問題量も多く、飽きが来ません。

フィリピン人講師の監修のもと制作されただけあって、本格的です。

ゲームの内容

肝心のゲーム内容ですが、英語物語をわかりやすくたとえるなら、科目が英語に特化した黒猫のウィズです。

 

メインのストーリーモードは、手持ちのキャラクターカードでパーティーを組んで、四択クイズ形式の問題を解きながらステージをクリアしていきます。

キャラクターの声はすべて英語でフルボイスで収録されており、シナリオを追っていくだけでもリスニング、スピーキングの勉強になるんじゃないかと思います。

学習段階に応じてレベル調節が可能

ゲームアプリでも英語の勉強と聞くと身構えてしまいそうですが、プレイヤーのレベルに応じて問題の難易度を変更することができます。

小学生レベルから難関大学レベルまで合計8種類の難易度から設定が可能。どんな人でも楽しめます。

個人的には、復習用のシステムが充実しているのに感心しました。

かわいいゆるキャラを集めてバトル

集めたゆるキャラは鍛えたり進化させることもできます。

日本各地のご当地感溢れるキャラ設定と、独特のゆるーい雰囲気がいい味出してます。

弱いキャラでも持っているスキルによっては活躍できる場面があるので、意外にゲーム性も高いですよ。

難易度について

私は5年ほど前にTOEIC900くらいまで英語をやってたので、難関大レベルでも問題なかったです。

TOEIC対策にも、と銘打っているだけあって、問題が英語で読まれるのはいいのですが、1語1訳形式なのがちょっと不満です。英英問題がないのもTOEICのハイスコアを目指す方には物足りないかもしれません。

受験に活用される方も、低い難度からでも楽しむことはできますが、基礎は別にテキストで身につけるべき。1語1訳だと知識が偏りますし、英語的な思考にも支障が出かねませんので。

でも、勉強の合間の息抜きがてらの復習にはぴったりです。これだけ楽しめて知識の定着に役立つアプリがあるって、今の学生はいいですね。

英語物語のプレイ画面

ゲームを始めると、雷おこしがモチーフのどーも君みたいなキャラ(おこしん)が仲間になります。

都道府県ごとのステージの敵を倒してクリアしていくと、ご当地感満載のカードがドロップします。進化素材やクエストボーナスも活用しながら、どんどんキャラを強くしていきましょう。

デッキは属性やスキルを考慮して組みます。戦術の幅は広いです。

協力プレイ

複数人で協力して強敵を撃破する協力プレイモードもあります。

コンビネーションが上手く決まったりすると、盛り上がりますよ。

フレンドを増やすもよし。正答数や解答の速さで英語力を競うもよし。色々な楽しみ方ができます。

期間限定イベント

期間限定のイベントも行われます。私がゲームを始めたとき、たまたまアメリカ復刻イベントが開催されていました。

参加者が5対5に分かれてバトルする対戦イベントで、指定のデッキコストと属性に沿ったデッキを組めば誰でもエントリー可能。

勝てばランクが上がっていきます。チーム戦って感じで燃えますよ。

まとめ

英語学習アプリは、スタディサプリやmikanをプレイしたことがあります。

他の英語ゲームと比べても、英語物語は一番ゲーム性が強く、いい意味で遊びの要素も多いです。しかし内容は本格派で、収録されている英語の問題数や学習システムのボリュームも豊富。

英語を学びたい方はもちろん、英語の勉強目的でなくても充分楽しめるゲームです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

-ゲーム

Copyright© 転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル , 2018 All Rights Reserved.