転職

日本で転職を成功させるなら20代が圧倒的に有利な理由

投稿日:

グローバルな視点で転職というものを見たとき、日本の転職事情というのは異質なものに見えるかもしれません。

しかしながら、日本で転職するのであればやはり日本の転職事情に従うしかありません。まさに、「郷に入っては郷に従え」です。

日本で転職して給料を少しでも上げたいと思っているのであれば、20代のうちにすべきです。その理由を説明していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

年齢が上がると転職が難しい

一般的にも、年齢が上がると転職が難しくなるということはよく言われているものです。

わかってはいたものの、実際に自分が年齢を重ねて痛感したという方も多いのではないでしょうか。

「一億総活躍」なんて言われていますが、実際のところは年齢による制限はバカになりません。

転職における20代と30代の違い

転職においてよく言われるのが20代と30代の違いです。

30代の方が20代の頃の感覚で転職をしようとすると、うまくいかないものです。

世間的には20代から30代というと、まだまだ若い世代なのですが、転職においては20代と30代というのは明確に差が出てくるのです。

それは企業がそれぞれの年代に求めているものが違うからです。

企業が20代の求職者に求めること

基本的に20代というのは、柔軟性が求められます。

何かしらのスキルがあればそれに越したことはないのですが、スキルがなくとも柔軟性があると認められれば比較的いろいろなところで採用されやすくなります。

言い換えればポテンシャルですね。20代は育てれば戦力になるかどうかが重要です。

学歴ややる気をアピールできれば、未経験でも採用してもらえる可能性は十分にあるでしょう。

30代は即戦力を求められる

一方で、30代となってくると柔軟性だけではやっていけません。

というよりも、柔軟性よりも即戦力となるかどうかという部分が重視されるようになります。

要は、30代であれば即戦力となるくらいのスキルはあって当たり前とみなされるのです。

そのため、未経験の分野での採用は難しくなり、経験のある分野でスキルも活かせそうなところへの転職がメインになってきます。

30代で転職を考えている方は、20代の頃とは明らかに見られ方が違ってくるということを十分に理解しておいたほうがいいでしょう。

転職は35歳が境目という説について

また、転職においては35歳が境目というのもよく言われていることです。

35歳の壁とも言われるものなのですが、これは35歳を境に求人が一気に少なくなってくることを指しています。

厳密に35歳でボーダーラインを設ける根拠はないはずなのですが、採用する側としてもどこかで区切りはつけないといけないですからね。

35歳以降を募集する求人が少なくなってくるということは、それだけ採用に積極的な企業も減っているということです。

選択肢が少なくなってくることによって、自分の希望通りの転職を実現させる可能性も少なくなってきます。

やはりこの壁にぶつかる前に、転職をしておいたほうがいいでしょう。

なぜ企業は若者を欲しがるのか

20代と30代の差というのは、それぞれに企業が求めているものが違うからこそ出てきます。

35歳以降で求人が減るということを考えてもやはり、企業は若者をほしがっていると言えるでしょう。

では、なぜ企業は若者をほしがるのでしょうか。

若者で何かしらの才能やスキルが明確に開花しているというケースは、珍しいです。多くの若者がこれから社会に出て、自分なりの強みを見つけ、能力を開花していくであろうと思われるようなケースがほとんどです。

そんな中で企業側が若者を選考する基準は、やはりポテンシャルになるのも仕方のないことです。

若いパワーというだけでも企業にとってもひとつの刺激になりますし、若いからこそのアイディアというのも出てくるでしょう。

ある意味では、アイドルのオーディションと似たような部分もあるかもしれません。将来的に戦力になりそうな若者をポテンシャル重視で採用しているといえます。

社会の常識に染まっていない若者の方が都合が良い?

ただ、ポテンシャル重視というのはいい言い方をすればの話です。

少しばかり嫌な言い方をすれば、新卒や第二新卒といった若者は企業にとって洗脳しやすい部分もあります。

30代である程度経験も積んで、自分のものの考え方というものをしっかりと持っている人であれば、そこから企業に染まっていくというのは難しいでしょう。

しかしながら、新卒や第二新卒というのは経験もなく、社会人としてのものの考え方というのもまだしっかりとはしていません。

そういう状態だからこそ、企業に染めることができるのです。描きかけのキャンバスよりは、真っ白なキャンバスのほうが思ったように描きやすいというのと同じです。

だからこそ、企業はすんなりと染まってくれそうな柔軟性のある若いものをほっしているのです。

まだまだ年功序列の会社が多い

日本では年功序列が崩れつつあるという話もよく見聞きするのですが、実情としてはいまだに年功序列の会社が多い傾向にあります。

年功序列の会社が多いということは、それだけ経験者を積極的に採用したがらず、採用しても生え抜き社員よりも悪い扱いを受ける可能性が高いということです。

年功序列の場合、勤続年数が長い人であればあるほど年収もアップするという給与体系になります。言ってしまえば、長く勤めれば勤めるほど収入がアップするのです。

そういう会社であれば、できるだけ長く勤めようと誰もが思うでしょう。会社としても中途半端に外部から経験者を取り入れようとは思わないものです。

極端な言い方をすれば、自分たちだけが甘い汁を吸いたいし、新参者にお金を取られたくないのです。どこの世界にも大なり小なり、既得権というものは存在するのです。

だからこそ、経験者ではなく、文句なしに少ない年収からスタートできる新卒や第二新卒といったところで採用をしたいと考えるのです。

仮に、年功序列の会社が中途で採用してくれたとしても、年収アップはあまり期待できないですし、それどころかいきなり厳しい社内の競争に巻き込まれる可能性もあります。

結果的に思っていたのとは違う職務の担当を強いられ、年収が大幅にダウンしてしまうといったことも実際にあり得るのです。

30代を過ぎて転職するデメリット

30代を過ぎてから転職するのにはやはりデメリットが目立ちます。

まず挙げられるのが体力面です。

転職活動というのは、思っている以上に体力を使います。「新卒での就職活動であれだけできたんだから」と考えている方もいるでしょうが、そのときからかなりの年を重ねています。

体力面での衰えも出てきますので、実際に転職活動をスタートさせてからグッタリしてしまう方も多いのです。

また、体力面だけではありません。

20代では柔軟性が求められるという話をしましたが、30代ともなってくると20代の頃のような柔軟性は発揮しにくいものです。経験があるからこそ自分なりのやり方というものがあるでしょうし、譲れないポリシーを持っている方もいるかもしれません。

転職先では新しいやり方を求められるかもしれませんし、やり方を含めてさまざまなものに順応しにくい部分もあるのです。

もちろん、30代の方が全員順応しにくいというわけではありません。

20代の頃のような柔軟性を持ち合わせている方もいるかもしれませんが、企業が求めているものを考えればやはり30代になる前に20代で転職をしておいたほうがいいでしょう。

男性からすれば、どんなに若い30代よりも20代の女性の方が魅力的に映るのと同じです。

転職をして給料を上げたいのであれば、企業からの需要が高まる20代のうちにしっかり転職活動を開始しておきたいです。

20代が登録すべき転職サイト

20代のうちに強みをいかせる転職サイトに登録して、キャリアアップを有利に進めましょう。

転職は手間も時間もかかり面倒ですが、ここで踏ん張った結果が将来の年収に数百万レベルで影響してきます。

まとめ

この記事では、転職は20代のうちにすべき理由を様々な角度から解説していきました。

  • そもそも年齢が上がると転職が難しくなる
  • 20代よりも30代の方が即戦力が求められる
  • 20代の方が年功序列の恩恵を受けられる
  • 30代での転職はデメリットも増える

以上がこの記事の要約です。

現在20代で30歳を迎えるまでに転職を検討中の方は、お早めに動きだしておいた方がよいでしょう。

雑踏
転職は何歳までにすべき?内閣府のデータが明かす年齢による賃金変化の格差

内閣府が毎年公表している白書の「日本経済2017-2018」では、40歳以上の転職は賃金が減少していると報じられています。 これはどういうことなのでしょうか。 白書のもとに、転職を考えている方向けに、 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-転職

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.