無職脱出から昇給まで独自の視点で就職・転職をサポート。おすすめ求人サイトの紹介、仕事術や暮らしの知識などキャリアアップに役立つ情報も満載です。

転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル

恋愛・婚活

結婚式でブーケは投げない?しかも男性はブロッコリートスするらしい。

投稿日:

ブーケトスといえば、結婚式における定番シーンのひとつ。

花嫁の投じたブーケをキャッチすれば次にその女性が結婚できると言われていました。

しかし最近の結婚式では、あまりブーケトスは行わないそうです。

ブーケトスの由来と意味

かつてのブーケトスとは、挙式を終えた花嫁が会場を出た際に後ろ向きになり、持っていたブーケをゲストへと投げる演出のこと。

そのブーケトスの由来として最も有力視されている説は14世紀のイギリスの習わしです。

当時の結婚式では参列者の女性たちは花嫁が持っているブーケや身につけている小物、さらにはドレスさえ奪おうと襲い掛かっていました。

それは花嫁の幸運にあやかりたい一心でしたが襲われた花嫁が危険な状態に陥ってしまう事も珍しくなかったようです。

そのため花嫁が襲われない予防策としてブーケを参列した女性たちに投げるようになり、いつしか「結婚の幸せをお裾分けして受け取った女性が結婚できるように」という意味合いが強くなりました。

元々この意味合いは欧米の言い伝えによるものですが、日本でも一般的に知られています。

ブーケトスをやらない理由

しかし最近の結婚式ではブーケトスが行われなくなってきました。

その理由は晩婚化です。未婚の女性が増え続ける昨今、ブーケトスで未婚の女性の参加を募っても外見年齢や結婚の有無が明らかにされる事が「恥ずかしい」と感じる女性もまた増えてきています。

式の進行が滞ってしまう事も数多いそうです。

こぞってブーケに群がるのも、「まだ売れ残ってるの?」と思われそうで、確かに嫌ですよね。独身のまま知人の披露宴に何度も出ていると、それだけでも虚しさが募ります。

その場合は未婚の女性に限らず、参加した女性全員が参加するように呼びかければ問題ありませんが、参加するゲストの不足によってブーケトスが止めていく理由になっているのは事実でもあります。

結婚の形式も多様化しており、特に最近は近親者だけで行う小規模な結婚式も流行りつつあります。

ブーケトスはブーケプルズに

そんな事情に合わせて、近年はブーケトスの代わりにブーケプルズという形でブーケの受け渡しをするようです。

ブーケプルズとは、ブーケトスの演出をくじ引きにしたようなものです。

花嫁が持っているブーケの先に決められた数のリボンかヒモを結び、未婚の女性であるゲストたちを呼んで結ばれたリボンかヒモを1本だけ引っ張ってもらいます。

実はブーケと結ばれているものは1本だけで、あとはダミーです。欧米の言い伝えではその本物だけを引き当てた女性は「次の花嫁になる」と言われており、日本でも結婚式で積極的に取り組まれています。

元々ブーケプルズは会場のスペースといった事情や落ち着いた演出のための方法として行われてきましたが、最近ではブーケプルズが選ばれている理由が少々変わってきました。

ブーケプルズはブーケトスに参加した女性たちが放つ必死さがなく、その必死感がない事が好まれています。

ブーケトスはブーケをキャッチしなくてはいけないので俊敏さや力強さなどある程度の体の動きが求められますがブーケプルズはリボンやヒモを握るだけです。

何より参加した全員がブーケを手にするチャンスが公平に与えられるのでブーケプルズを選ぶ人が多くなってきています。また屋内でも行えるうえに披露宴のプログラムに組み込みやすいところもブーケプルズが好まれて選ばれている理由です。

男性はブロッコリートス

ブーケトスには男性版もあって、何故かブロッコリーをトスするそうです。

ブロッコリートスはまさに男性版のブーケトス。

造花やリボンで飾り付けられたブロッコリーのブーケを新郎が後ろにいる男性の参列者たちに投げるというもので、2010年頃にアジア圏で考えられた結婚式のイベントだと言われています。

ブーケトスの代わりとなる演出よりも披露宴の余興の1つというイメージが強く、ブロッコリートスではブロッコリーに欠かせないマヨネーズも新郎新婦からの手渡しやブーケの付属としてキャッチした男性のゲストに贈られる事が多いそうです。

しかしなぜブロッコリーなのか。

その理由はブロッコリーの花言葉やブロッコリートスに込められた意味によります。

ブロッコリーの花言葉は「小さな幸せ」です。

房がたくさんあるブロッコリーにその花言葉をかけると幸運に恵まれている事になります。そしてブロッコリートスには「子孫繁栄」や「健康」、さらには「いっぱい幸せになれますように」といった願いが込められているのでこれらの意味がまとめると「受け取った人が家族に恵まれて幸せな人生を送れますように」という意味合いになります。

またブロッコリーは栄養価が高く健康に良い野菜であるため、食生活を疎かにしやすい男性に対するジョークに丁度良いという事もあってブロッコリーが選ばれたのだとか。

ブーケ以外のトスとこれからの結婚式のやり方

ブーケに関する演出一つ取ってみても、結婚式の演出は多様化しています。

ブーケプルズやブロッコリートスもブーケトスに代わる幸せをおすそ分けするイベントだと言えます。

最後にあと2つほど、ブーケの代わりに変わった物を投げる演出を紹介しておきましょう。

1つはブートニアトス、もう1つはガータートスと呼ばれています。

ブートニアトスとは新郎が胸にさしている一輪の花「ブートニア」を挙式が終わった時に未婚の男性ゲストたちに投げるという演出です。

ブートニアは「結婚を承知した」という意味が込められている花なので投げられる事はありませんでしたが、いつしかブーケトスに対する演出として珍しくなくなりました。

一方「ガータートス」は他の演出と比べたら過激と言えます。

演出を行うタイミングはブーケトスのように挙式後で、新郎が後ろ向きになって未婚の男性がストたちに投げるのですがブーケの代わりに新郎が投げるものは花嫁のガーターベルトです。それをキャッチした未婚の男性ゲストは次の新郎になれると言われています。

本来は新郎が新婦のドレスに潜って口のみでガーターを取るようにされていますが、抵抗感がある場合は新婦が自分でガーターを外す事が一般的です。その際にあらわれる新婦の足に大騒ぎする事が欧米では習わしとなっていますがゲストによっては不快感を覚える方も多いため考慮する事がすすめられる演出とされています。

いずれにしても、これからの結婚式の形は選択肢は多いですけれど、参加者が満足できるよう取り計らう必要もあるようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

-恋愛・婚活

Copyright© 転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル , 2018 All Rights Reserved.