転職

転職希望者はハローワークよりまず転職エージェントに相談すべき4つの理由

更新日:

ひと昔前までは、ひとつの仕事を一生続けることが美徳とされているような部分がありました。

そのため、転職に対してあまり好意的でない方の意見も目立っていたものです。

しかしながら、時代が進むにつれてそういった考え方も変わり、今では多くの方が転職を積極的におこなっていますし、転職希望者の受け入れにも好意的になりました。実際に転職をするにあたっての民間のサポートも受けられます。

仕事探しと聞いて一番に思いつくのはハローワーク(公共職業安定所)ではないでしょうか。

あるいは、ハローワークと転職エージェントのどちらに相談するかで迷っている方もいるかもしれません。

結論から言ってしまうと、ハローワークよりも転職エージェントに相談したほうがいいです。その理由をこれから説明していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ハロワより転職エージェントをおすすめする理由

スタッフのモチベーションが違う

ハローワークよりも転職エージェントに相談したほうがいいという理由のひとつに、スタッフのモチベーションが挙げられます。

というのも、ハローワークと転職エージェントというのは、そこでサポートをしてくれるスタッフのモチベーションが決定的に違ってくるのです。

一般的に「ハロワ職員にやる気がない」というのはよく言われていることです。

ハローワークというのは、公共職業安定所とも言われていますが結局のところ、お役所仕事になります。厚生労働省の労働局に所属する機関になりますので、ハローワークで働いているスタッフというのは公務員と非常勤職員になります。

そのため、売り上げも気にする必要はありませんし、公務員ですからよほどのことでもしない限りはクビにもなりません。

もちろん、中には使命感に燃えている方もいるのですが、ハローワークのスタッフの評判が悪いのはそういったところも関係しているのです。別に評判が悪い職員でもクビになる訳じゃありませんからね。

一方で、転職エージェントというのは営利企業になります。

つまり、転職会社は利益を出していかないと運営が立ち行かなくなってしまうのです。

転職エージェントの利益というのは、企業と転職者のマッチングによって発生します。

企業から手数料を受け取ることで会社が成り立っています。もちろん、それ以外のところでも諸々の利益は発生しているのですが、転職エージェントではこのマッチングが成立しないことには企業としてどうにもならないのです。

だからこそ、転職エージェントのスタッフは一生懸命に転職希望者のサポートをしてくれるという訳です。

求人の質が違う

ハローワークと転職エージェントでは、求人の質も違ってきます。

求人の質に関しても、やはり転職エージェントのほうがいい傾向にあります。ハローワークの求人というのは、極端な話をすれば無料で配布されている求人雑誌に掲載されているものと質は変わりません。

しかもハローワークでは、空求人ブラック求人というものがやはり多くなります。

これはハローワークを利用した方の口コミや評判などをチェックすれば、一目瞭然です。ハローワークで募集していたから応募したのに、「今人足りてるから」と言われてしまったという方も実際にいるのです。

ハローワークで聞いていた内容と実際の内容がまったく違うということも珍しくありません。

ハロワというのは、どんなに悪評があっても利用者がいなくならないことがわかっていますし、すでに悪評が立っているからこそ開き直っている部分もあるでしょう。

基本的に求人の質を高めようと努力することはないのです。

しかしながら、転職エージェントであれば、そういったことはありません。

悪評があれば、企業として存続の危機を迎える可能性もあります。

悪い評判が立てば利用者も減ってしまうからです。転職会社というのは世にいくらでもあります。一社がダメなら、他に頼めばよい。そういうシビアな環境で競争をしています。

転職会社は利用者を増やすためにも、求人の質を高めようと努力していますし、そうせざるを得ないのです。

そのため、基本的に転職エージェントに掲載されている求人が無料で配布されている求人雑誌と同じということはありません。

むしろ、求人雑誌やハローワークではお目にかかれないような求人を見つけることができるのです。

転職エージェントでは、非公開求人といったものもあります。

登録者にのみ紹介できる求人で、転職エージェントを利用しないと応募できない求人と言えるでしょう。

非公開求人というのは非公開となっているだけあって、やはり魅力的な条件を揃えているものが多いです。公開すれば応募が殺到するために、あえて企業の採用担当が、あなたのところで厳選した人間だけに応募させてくださいと言っているようなものですからね。

求人の質は、間違いなく転職エージェントのほうが高いと言えるでしょう。

ハローワークは手間がかかる

ハローワークと転職エージェントで転職することを考えたとき、ハローワークのほうが確実に手間がかかります。

手間がかかるということは、それだけの時間を無駄にするということでもあります。

転職希望者にとって時間というのは特に貴重なものですので、やはり手間のかからない転職エージェントのほうがいいでしょう。

ハローワークで何の手間がかかるのかというと、まず利用登録。

登録するだけでも手続に結構な時間がかかります。ハローワークというのはだいたいいつ行っても混み合っていますので、登録だけでクタクタになってしまうことだって珍しくありません。

また、ハローワークでは紹介状というものが必要になってきます。

ハローワークで見つけた求人に応募する際には、ハローワークからの紹介状が必要になります。これは自宅にいながら受け取れるものではありませんので、確実にハローワークまで足を運ばなければいけません。

しかも、紹介状があるからといって有利になるわけではありません。

むしろ、紹介状を出すことによって応募先の企業が助成金をもらえるのです。手間をかけてもその分のメリットが求職者に返ってくることはほぼない。おかしなシステムです。

一方で、転職エージェントの場合にはハローワークのように手間がかかることはありません。

というよりも、面倒なことは転職エージェントが代行してくれます。

手間を含めて、転職希望者の負担を減らしてくれるのが転職エージェントの魅力でもあるのです。

飲食店で例えるのであれば、ハローワークはすべてがセルフサービスのお店で、転職エージェントは至れり尽くせりのレストランといった感じです。非公開求人などは裏メニューのようなものですね。

求職者への寄り添い方が違う

ハローワークと転職エージェントでは、転職希望者への寄り添い方も違います。ここで言う寄り添い方というのは、主にメンタル面のことを指します。

ハローワークでひどい言葉を投げつけられたといった話は本当によく見聞きするものです。訴えれば余裕で勝てるのではないかと思うような体験談もあります。

まあこれも官製サービスの副作用とでも言いましょうか、結局のところ、ハローワークのスタッフは公務員や嘱託職員です。

そんな人種に転職希望者の気持ちの面まで理解してサポートしてくれるような人がいるでしょうか?

むしろ安全地帯から困っている人をただ眺めているだけといった無機質な感じを受けた方も多いでしょう。

もちろん、ハローワークでもまれにきちんと寄り添ってくれる人はいるのですが、基本的にハローワークではメンタル面での寄り添いというのは期待できないものと思ったほうがいいです。そもそも民間企業からの転職者自体が少ないのですから。

しかしながら、転職エージェントになってくると「明日は我が身」という部分もありますし、現場を知っているからこそ転職希望者に寄り添うことができます。

実際に、「カウンセラーかな?」と思うほど親身になってくれる方もいますよ。

転職にあたってメンタル面での寄り添いの有無というのは、結構大きなポイントになってきます。こういった面を考えても、やはり転職エージェントのほうが安心なのです。

まとめ

この記事ではハローワークと転職エージェントの違いに触れながら、エージェントをおすすめする理由について書いていきました。

要約すると、

  • 転職エージェントは営利企業であるがゆえにモチベーションが高い
  • 求人の質も転職エージェントの扱う案件の方がよい
  • エージェント経由の方が転職活動にかかる手間が省ける
  • メンタル面のサポートも行ってもらえる場合がある

いかがでしょうか。

百聞は一見にしかず。一度ハローワークと転職エージェント両方に相談してみるのも良いと思います。

ハロワは全国どの地域でも、お近くにあるはず。エージェントは定番のリクルートや に登録して、求人を見比べるだけでも違いが分かると思います。

転職は情報戦です。無料で利用できる転職サイトやエージェントは使い倒すくらいの気持ちでも良いんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-転職

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.