無職脱出から昇給まで独自の視点で就職・転職をサポート。おすすめ求人サイトの紹介、仕事術や暮らしの知識などキャリアアップに役立つ情報も満載です。

転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル

転職 キャリアアップお役立ちコラム

石の上にも三年で仕事を続ける必要はあるのか?辞め時を間違えた実体験をもとにお話します。

更新日:

どんな仕事も最低三年は勤め上げるべきという意見はいまだ根強い、石の上にも三年説

しかし、経験重視だった過去と現在では、仕事自体を取り巻く環境も変わっています。

本当に3年間は会社をやめるべきでないのでしょうか。自身の経験も交えながら、考えてみます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

とりあえず3年に根拠なし

そもそもとりあえず3年の「3年」がどっから来てるのかは調べてもよく分かりませんでした。

正直自分の感性からすると、いつまでそんなこと言ってんだという思いもありますが、まだまだ日本の会社における仕事というのは在籍年数が増すごとに重要な案件を任される可能性が高くなるのも事実。

実力があるだけじゃ駄目なんですね。長く一緒に働いてきたという信頼関係も、大きな仕事を任せてもらうには必要なのかもしれません。

明確に何年とは言わないまでも、一般的に仕事ができると言われるようになるまでは、年単位の時間がかかるということでしょうか。

早期退職を繰り返すとスキルが身につかない葛藤

別に3年以内に辞めても良いとは思いますが、上記の重要な仕事を任されるための条件に在籍年数が含まれると考えると、迂闊に転職を繰り返すのもおすすめできません。

転職を繰り返すといつまで経っても表面上の仕事に終始して、その業界の奥深くに入り込むチャンスを得られない。そうなるとその会社以外でやっていけるだけの高い能力を身につけることは難しくなるし、収入も増えない。

すべての会社が同じではないでしょうけど、まだまだ勤続年数・勤務態度で人事評価を下す会社は多いです。

辞め時を見極める力は必要

しかし、身体や心に異変があり、明らかにその仕事を続けるメリットよりも心身へのダメージによるデメリットが多い場合は、退職すべきです。

これは実体験から申し上げています。

私は働き出して2年ちょっと経った頃から体調に異変を感じていましたが、意地になって働き続けました。

自分は脱無職してようやく就職できたこともあり、転職は簡単じゃないと思い込んでいたからです。それでも結局、心療内科に診断書を貰いに行く羽目になりました。

これは根性ややる気の問題ではありません。しいて言えばストレスへの向き合い方が下手だったのかもしれませんが、それを差し引いても体力的にもかなりキツかったです。

こうなると後々のキャリアにも影響してきます。身体だけの不調ならいいですが、心を一回病んでしまうと立ち直るのに相当な時間と休息が必要です。

ですから、絶対に無理はしてはいけないと私は思っています。

仕事で我慢を重ね、人のために自分の貴重な人生の一部を棒に振ってほしくはありません。自分には自分に合った働き方があることを受け入れ、無理に世の中に合わせようとしなくていい。

どの道お金はどうにかして稼いでいくしかないですし、私の場合は結構楽に、しかも前よりもずっといい条件で転職できました。個々人の条件や雇用市場の様子も見ながら判断すべきではあります。

仕事で頭も体も疲れていると、一種のマインドコントロールに近い状態になって、冷静な判断力が欠けてしまうというのはあると思います。

心身に問題なく続けられるなら、辞めなくていい

仕事のできる人間は何度でも転職できるチャンスはある一方、実績やスキルに欠けるサラリーマンが転職を重ねるのは不利です。

なので続けられる仕事なら辞める必要はなし。まあ、3年続いたらそれなりに向いている方なんだなと思えればいいのではないかと考えています。2年半で潰れたことのある身としては。サラリーマン自体に適性があるかどうかも考えどころ。

このままやったらぶっ壊れるなという人は就業期間に関わらずやめるべき。頑張ればまだ行けるって人は、続けるべき。そんな感じですかね。

もちろん続けられるからといって辞めたらいけない、なんてこともない。世間がどう言おうと、最終的には働く方の自由ですから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

-転職, キャリアアップお役立ちコラム

Copyright© 転職成功率を高める情報ブログ|キャリアウル , 2018 All Rights Reserved.