転職

50代の転職で年収は上がる?平均年収や転職者のタイプから解説。年収アップの方法も紹介。

更新日:

50代男性

50代でも良い転職はできる

会社に勤めている50代は、年収がピークに達すると言われていて、働き甲斐を感じる方が多い中、人によっては給料が上がらないという方もいるのが現状です。

理由としては、会社側からすると優秀な人材でない限りは、50代に支払う給料は負担になると感じることが多いことがあります。

年功序列で膨らんだ人件費を負担し切れず、中には自主退職を促す会社もあるほどです。

そんな中で今回は、50代でいい転職をする方法がないか詳しく解説していきます。

50代で転職すれば、年収が上がるのか下がるのか、また転職で成功する人の特徴についても紹介していきます。

50代での転職を考えている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

50代の平均年収は?

転職の話をする前に気になるのが、50代の平均年収です。他の50代がどれだけの収入なのかによっては、転職を検討するのか重要な要素になるでしょう。

50代の男性と女性に分けて、それぞれの平均年収をまとめてみたので、参考にしてみてください。

50代の年収は後半で下がる?

50代男性の平均年収は、約642万円です。

しかし、50代といっても、50代前半の方が平均年収が高い傾向にあり、50代後半では反対に平均年収が低い傾向にあります。

50代の年収が一番ピークと言われているので、年収が高くなるのは納得いきますが、50代後半で平均年収が下がるのは、なぜなのでしょうか。

理由は、仕事の能力衰退や早期退職が増加しているデータが含まれているからだと言われています。

特に会社側は、若年層の獲得のために50代後半の方の年収は下げる傾向にあるため、このような形で平均年収が下がることが示唆されているのです。

50代女性の平均年収は、475万円と言われています。基本的には、男性よりも平均年収は低い傾向です。

女性の多くは、子育てや家事などで退職することが多く、そのため働く女性の平均年収に差があるのが、女性の平均年収が低い原因といえるでしょう。

50代の転職は可能だが昇給は難しい

給料や待遇の面で、50代で転職を検討している方は数多くいます。しかし、実際には転職は可能なのでしょうか。

結論からいうと、50代でも転職は可能でしょう。

理由としては、50代の方は年齢相応のスキルを持っていれば、どこの企業でも即戦力として企業に貢献することができるからです。

企業は確かに若年層の人材が欲しい傾向にありますが、十分な実力が備わるには時間がかかります。若い力では企業が回らないため、50代の経験が豊富な人材が必要とされるのです。

そのため、50代でも転職はできるといえます。ただ、それでもできるだけ人件費を削減したい気持ちは、どの企業でも同じです。

転職は可能でも、給料アップは難しいでしょう。

営業や管理職など、どの職業でも年齢相応のスキルを持っていれば、企業からすると喉から手が出るほど欲しい人材になります。

よって50代での転職を希望するのであれば、最低限の実務実力を備えていることが絶対条件になります。

50代でも転職に成功できる人・できない人

企業ではいつでも経験豊富な人材を欲しがっています。そのため、50代の方でも転職は可能です。

しかし、転職が正解だったかどうかは、その人の力量次第になります。

転職で失敗しないためにも、50代で転職して成功できる人とできない人の特徴をしっかり把握しておきましょう。

成功できる人

1.専門スキルや経験豊富な人

基本的に、他の人では取得が難しいと言われている国家資格や専門的なスキルを持っている方は、どこの企業からもオファーが来るほど、転職が有利に進められるでしょう。

特に取得が難しい資格を持っていて、即戦力として活動できるほど経験豊富な方であれば、その資格を対象とした転職の仲介業者から仕事を紹介してもらえるので、待遇のいい転職が可能になります。

今まで培ってきた資格や経験は、転職する時でも有利に進められるので、自分の得意なスキルなどは会社に勤めている間に、伸ばしておくようにしておくといいでしょう。

2.転職先が決まるまで仕事を辞めない

転職を成功させるコツとして重要なのが、転職先が見つかるまで、今の仕事を辞めないということです。

辞めてから転職先を探すとなると、仕事が見つかるのがいつになるのかわからないため、収入面で不安になってしまうことがあります。

特に50代で転職先を見つけるとなると、20代~30代の転職ほどスムーズにはいきません。

転職を失敗する人の多くは、先に仕事を辞めてしまい、収入面で厳しくなってしまうことにあります。

とりわけ50代の差し掛かれば人生における生活基盤にもお金がかかっていることが多く、若い頃より年収も出費も増えている傾向にあります。

まずは、今の仕事を続けながら、収入を確保しつつ、並行して転職先を見つけていきましょう。

成功できない人

1.役職がついていない

50代になると、会社での役職がついているかで、転職への影響が大きく表れます。

会社で役職についているということは、その会社にとって重要な役割を担っていたと、評価の対象として見られます。

また転職においてはレイヤーという概念が重要。

課長クラスの役職者なら、次も課長という風に大抵地位はスライドする形が多いからです。

そのため、一般社員よりも役職についている方が、転職には明らかに有利となります。

反対に役職がついていないということは、スキルや能力のアピールの仕方を工夫しなければなりません。

50代であれば、経験や能力がある方であれば、役職につくことが多いだけに、役付きでなければ転職で不利を強いられるでしょう。

しかし、高度な専門職や技術職に限れば話は別。

経験があること自体が転職の場面で有利に働くので、役職についていなくても問題ないケースもあります。

ご自身の市場価値については、転職エージェントなどの専門家とよく相談されることをおすすめします。

2.非正規雇用で年収が下がるケース

50代の転職となると、非正規雇用になることもあります。

その場合、正社員で雇用されるよりも、年収が下がってしまう可能性があり、転職としては厳しい状況であるといえるでしょう。

しかし、50代で転職する必要性があるならば、雇用の形態を気にしている場合ではないかもしれません。

転職先が見つかっていない方であれば、雇いたいという企業があれば、それだけでも貴重といえます。

大切なのは、年収などの金額よりも、長く続けていけることができるかという点です。

必要としている企業がいれば、年収が下がっても雇ってもらった方がいいかもしれません。

転職よりも副業で収入を増やした方が早い

50代で転職することができても、年収が下がったり、想像していた待遇を受けることができない可能性があります。

また、全員が転職に成功する訳ではありません。

転職を検討するよりも副業で収入をアップした方が、年収を増やすためにはいいケースもあります。

その中でも50代の方に人気のある副業の種類を紹介します。今後の参考にしてみてください。

1.投資

お金に余裕があれば、副業で投資を行ってみるのも一つの手です。

不動産投資でアパート経営や土地の売買、家賃収入を得る方法もあれば、株式投資で安定的に収入を得る方法を勉強してもいいでしょう。

しかし、投資の場合は必ず儲かる話ではなく、正確な知識がなければ損をしてしまう恐れもあります。

事前に勉強をして、あくまでも余剰資金からスタートしましょう。

2.クラウドソーシング

ネットで仕事をしたい方に、案件を紹介してくれるクラウドソーシングを副業として設ける方法もいいでしょう。

ただ、初めのうちはお小遣い程度の収入しか増えないケースがほとんどなので、気長に続けていく必要があります。

得意な技術や趣味があれば、デザイナーやライター、おもちゃ制作など、幅広い分野で活躍することができるので、一度気軽に試してみるといいでしょう。

3.転売

物を売買して差額で稼ぐことができる転売。50代からでも始められる副業として人気になっています。

ネットでショップを開けば、どこでも売買することが可能なので、手軽に始めることが可能です。

しかし、転売するためには、商品の価値を理解する知識と経験が必要になってきます。そのため、十分な収入を得るためには時間がかかるでしょう。

これまでに仕入れから販売までを手掛けた経験があれば、スムーズに始められるでしょうね。

50代で転職するなら慎重に行動すべき

50代で専門的な知識を持っていたり、役職についていれば、転職を行うことは可能です。

さらに、非正規雇用であれば、転職するハードルも下がるので、転職先を見つけること自体は難しくありません。

しかし、転職前よりも年収を上げることは難しく、希望の仕事ができるとは限りません。

転職を考えるくらい悩むのであれば、副業を行って収入をアップさせた方が現実的に年収を上げることができます。

特に50代ともなれば豊富な経験・スキルを備えている方も多いはず。その知識の活かし方次第で、権利収入を手に入れることもできるかもしれませんよ。

転職も選択肢の一つですが、自分なりの方法を考えて、トータルでの収入アップの方法を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-転職

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.