転職

転職・就職の仕事探しの方法は何がある?4つの方法のメリット・デメリットを解説!

更新日:

仕事を見つける上で重要なのが、仕事探しの方法です。転職や就職先は、できるだけ早く見つけたいものですが、どこでもいいという訳ではありません。

今回紹介したいのは、仕事と探しで悩んでいる方のために、おすすめの4つの方法とそれぞれのメリット・デメリットについてです。

自分に合った方法が見つかるはずなので、参考にしてみてください。

就職フェア・合同説明会

複数の企業がイベント会場を利用して行う就職フェア・合同説明会は、個別の説明会を活用するよりも、たくさんの企業から話を聞けるので、転職・就職を行うのには、おすすめの方法です。

また、最後に気になる企業があれば、エントリーシートを出してインターンシップに参加することも可能なので、積極的に仕事探しが行えます。

大規模で行われるので、時間をうまく活用しないと、気になっている企業全てから説明を受けることは難しいので、時間の使い方には注意が必要になるでしょう。

メリット

就職フェア・合同説明会に参加するメリットはいくつかあります。どんなメリットがあるのか、気になる方は参考にしてみてください。

1.働いている方の実際の声が聴ける

複数の企業が参加している就職フェア・合同説明会には、人材担当者から直接企業の話を聴けるブースも存在しています。

働いている方の生の声が聴けるので、気になることがあれば、質問をして疑問に思っていることを解消することが可能です。なかなか訪れないチャンスなので、質問を行って仕事探しの参考にしてみましょう。

2.様々な業界の話が聴ける

複数の企業が参加しているイベントなので、様々な業界の話が聴けるきっかけになります。今まで考えていなかった業界でも、話を聴けば応募したいと思える企業に出会えるかもしれません。

また、初めて就職を希望する新卒の方であれば、企業の形態とはどんなものなのか、理解することができる時間としても活用することができます。

働いている人の話を聴くことで、吸収できるチャンスになるため、参加しておいて損はないでしょう。

3.書類選考や一次面接が免除されることもある

仕事探しを行う上で、通常であれば書類選考や一次面接を行うことが、転職・就職では当然の流れです。しかし、就職フェア・合同説明会では、人材担当者との話し合いがうまくいけば、書類選考がなくなったり、一次面接が免除されることもあります。

説明会に参加しにきたことで、面接できるチャンスが巡ってきたのであれば、転職・就職する上で大きなチャンスとなるでしょう。

積極的に企業ブースで話を行い、人材担当者との意見が合えば、自分をアピールできる場として活用することができます。

デメリット

複数の企業が集まることで、情報をたくさん集めることが可能な就職フェア・合同説明会にもデメリットはあります。

どんなことがデメリットなのか、詳しく解説していきましょう。

1.一つの企業で受ける説明が短い

就職フェア・合同説明会は、複数の企業がそれぞれブースを使って説明会を行うため、一度に使う時間が短い傾向にあります。

説明会に使える時間は大体30分から1時間ほどなので、もっと話を聴きたいと思っても聴けないのが欠点です。

企業が行っている個別の説明会では、2時間以上は行うのが基本ですが、就職フェア・合同説明会では極端に短いのがデメリットになります。

2.ブースの待ち時間が長い

一度説明が始まってしまうと、次の説明会が始まるまで待つ必要があります。そのため、待ち時間が長いのがデメリットになることがあるでしょう。

あまりにも長いと、他の企業の説明会を受けることができずに、時間の無駄になってしまう恐れもあります。

計画的に参加しないと難しいかもしれません。

ハローワーク(職安)

仕事探しといえば、ハローワークというくらい、転職・就職の際には利用している方も多いでしょう。

様々な仕事を職員が協力して探してくれるため、個人で探すよりも幅が広がります。地元で仕事を探す方には、おすすめの仕事探しの方法です。

メリット

転職の際にはほとんどの人が利用すると言われているハローワーク。どんなメリットがあるのか、解説していきます。

1.職員に相談できる

転職・就職の仕事探しでは、個人で仕事を探すのには限界があります。

そこで、ハローワークの職員に相談すれば、自分の希望に合った仕事を探してくれるため、仕事探しも早く済むはず。ただ職員によっては塩対応だったり説教してきたり、必ずしも協力的でない点に注意。

面接の日程調整やアポ取りを行ってくれるのは手間が省けて良いですね。

2.地域密着企業の求人が多い

ハローワークの求人には、地域密着企業の求人が多いため、転職サイトや求人情報誌に載っていない、中小企業が数多く存在しています。

中には待遇のいい優良企業の求人が出されていることもあるので、積極的に利用してみるといいでしょう。

デメリット

地域密着型の求人が多いハローワークですが、デメリットも存在しています。どんなことがデメリットなのか、解説していきます。

1.待遇のいい求人が少ない

ハローワークには、地域から様々な企業が求人を要請しています。そのため、待遇のいい求人が比較的少ない傾向にあるのが特徴です。

大手企業の求人も少ないので、優良企業を見極めるのは難しいかもしれません。

2.ブラック求人が掲載されている可能性

ハローワークは無料で掲載できる性質から、どんな中小企業の求人でも載せることが可能です。中には待遇の悪いブラック企業が載っていることもあるといいます。

求人情報からはブラック企業かどうかの判断がつきにくいため、入社してしまう可能性もあるでしょう。ハローワークにはそういったブラック求人もある恐れもあるので、注意が必要です。

求人誌・フリーペーパー

コンビニや近くのお店でも見かけることができる求人誌・フリーペーパー。

手軽に仕事探しを行える媒体ですが、メリットやデメリットとはどんなものがあるのでしょうか。

メリット

手軽な要素のある求人誌・フリーペーパーには、どんなメリットがあるのでしょうか。詳しく解説していきます。

1.無料で入手しやすい

髪が媒体で無料で配布されている特徴から、誰でも目に入って見やすいのが魅力です。

ハローワークや就職フェア・合同説明会などには、自ら足を運ぶ必要がありますが。求人誌・フリーペーパーであれば、すぐに情報を得ることができます。

2.近隣周辺の求人が見つかる

求人誌・フリーペーパーは、置いてある地域の求人が載せられていることがほとんどなので、近くの求人が見つけやすいという特徴があります。

仕事先は家の近くがいいという方には、おすすめです。

デメリット

手軽さが売りの求人誌・フリーペーパーにもデメリットは存在しています。どんなデメリットがあるのか、解説していきましょう。

1.掲載期間が限られている

求人誌やフリーペーパーには、掲載期間が限られています。そのため、すぐに求人を申し込まないと、希望していた求人がなくなってしまう恐れがあるのです。

いいと思ったら、すぐに電話をして面接の日程を決めることが重要になります。

2.一部の会社がずっと求人を出している

これは手に取る求人誌によるとも思いますが、求人情報の入れ替わりがあまりなく、同じような求人ばかり掲載されているものもあります。

一方で人気のある求人はすぐに応募があるのか掲載停止になるので、求人誌経由での応募は速やかに行いたいところ。

求人サイト・転職エージェント

ネットが普及する以前から職業斡旋業や転職サービスはありましたが、今や仕事探しにもスマホ・PCは必需品。

ネットを活用することで、より有利に求人サイト・転職エージェントで仕事を探せます。

以下、求人サイトやエージェントにはどんなメリット・デメリットがあるのか、詳しく解説していきます。

メリット

ネットで仕事探しを行うと、他にはないメリットが得られます。どんなメリットがあるのか、参考にしてみてください。

1.企業の裏情報が聴ける

求人サイト・転職エージェントでは、企業の裏情報を聴けることがあります。

どんな上司がいるのかといった具合に、おすすめポイントを解説してもらえるのも魅力です。

転職エージェントによってはいい加減なことを言う人もいるので、信用できないうちから鵜呑みにするのは禁物。

2.非公開求人も紹介してもらえる

非公開求人をいち早く知れるのは、インターネットを使って仕事を探す大きなメリットです。

サイトに登録を行ってプロフィール入力が完了すれば、その情報に基づいて他では掲載されていない、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

非公開ということはそれだけ競争相手が少なく、また優良企業であることも多いです。

デメリット

ネットで掲載されている求人を確認することができる求人サイト・転職エージェントですが、デメリットもあります。

把握しておいて、今後の仕事探しの参考にしてみてください。

1.必ずいい求人が載っている訳ではない

求人サイト・転職エージェントに掲載されている企業情報は、大手の求人も載っていることがあります。しかし、全てが優良企業の求人という訳ではありません。

求人には当たり外れもあるので、とにかく面接を行い、きっかけを作っていくことが大切です。

2.サイトやエージェントの質に幅がある

エージェントとは転職希望者の代理人であり、本来こちらの意図を汲んで動いてくれるもの。

しかし中には、とにかく転職させてしまおうという考えでテキトーな仕事をする転職エージェントもいます。

不審な点があればしっかりこちらからも意見をして、後悔のない職場を選びましょう。

まとめ

この記事では、転職・就職の際に活用できる仕事探しの方法を4つ紹介しました。

いずれもメリット・デメリットが存在していますので、どの方法が自分に合っているか参考にした上で、よりよい転職・就職先を見つけてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-転職

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.