転職

40代50代でも転職しやすい業界は?未経験でも働ける仕事を調べた結果

投稿日:

 

40代や50代で離職するとなかなか再就職先が見つかりにくいと言われていますが、本当に転職は難しいのでしょうか。

実は、中には40代や50代でも転職しやすい業界があります。

未経験でも働ける仕事もあるので、きっかけがあれば面接を受けてみるべきです。

この記事では、そんな40代・50代でも未経験で転職できる仕事について紹介していきます。

今後、転職する予定のある方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

40代以上未経験でも転職しやすい業界

年齢を重ねてから転職すると、再就職先を見つけるのが大変で、1年以上も次の仕事が見つかりにくい方も多いと言われています。

しかし、中には40代以上の人材でも、求めている業界があるのです。

1.飲食・サービス業

飲食・サービス業の仕事では、人手不足に陥ることが多く、常時求人募集されています。

理由としては、アルバイトなどの非正規社員の割合が多く人の入れ替わりが激しいため、企業としては安定して働ける人材を欲しているからです。

そのため、飲食・サービス業界では40代以上の方でも健康で元気なら働くことができます。

正社員として働けるかはそれまでの経験次第でしょう。他業種でも実務やマネジメントの経験が評価されれば、店長やエリアマネージャー職も可能かもしれません。

それ以外だと原則は店舗、現場からのスタート。場合によっては正社員も難しいかもしれませんが、アルバイトやパートであれば雇ってもらえる可能性は極めて高い業界です。

ただ飲食・サービス業界は、経験不足や人間関係のストレスにより辛くなって辞める方も多いです。

しかし、40代以上であれば社会人経験もあるので、ある程度の処世術も身についているはず。

少なくとも若いフリーターに比べれば頼りになる戦力として計算できると思われます。

2.建設業

特に男性であれば入りやすいのが、建設業界です。

未経験の方でも経験者から指導してもらえるので、転職はしやすい環境にあります。ただ、慣れるまでには時間がかかるかもしれません。

建設関係で40代以上の方でもすぐ仕事をしやすいのは、営業関係です。他の業種で働いていても、営業であればノウハウは似ている部分があります。

現場作業だと問題は体力です。

全体として残業が多く、休日も毎週土日休めるところは少ないでしょう。

建設業は年齢関係なく雇ってもらえることが多いので、体力や気力に自信があれば、転職してみるといいでしょう。

3.介護業

男性でも女性でも入りやすいのが、介護業界です。

ある程度の体力が必要になりますが、介護業界も常に人手不足に陥っています。

そのため、未経験でも一から教わり、仕事を始めることが可能です。

資格があれば、管理の仕事を任されたり、大切な仕事を依頼されることもあるので、やりがいは感じられる業界になっています。

昔に経験があれば、慣れるのも早いので、転職してみるのもいいでしょう。

注意点としては、補助金を上手に引っ張ってこれるかなど職場によって経営陣の能力に差があります。経営陣が優秀な施設は労働環境も良く月給も高い傾向ですが、反対にそうでない職場は劣悪でブラック企業の可能性も高いです。

働きやすい職場は自然と退職者も少ないので、求人を探す際は常に人を応募している施設には気をつけた方がいいかもしれません。

気になる介護施設の評判や口コミについては、事前によく調べておくべきです。

4.IT関係

近年では伸びしろが大きいIT関係の業界は、会社の数が多いことから、求人の量はトップクラスです。

右肩上がりのグラフ
IT求人バブル到来!なぜ人手不足のIT企業に就職する人は増えないのか?

転職支援サービスのリクルートエージェントの転職求人倍率だと、2017年11月末時点でインターネット専門職の求人倍率が最も高く、6.12倍なのだそうです。 6つの会社が1人の求職者を取り合っている状況で ...

続きを見る

そのため、未経験の40代以上でも求めているIT関係の会社は多いと言われています。

しかし、この場合の未経験は、その募集業種に対する経験のことであり、何かしらITに関する実務経験がないと採用は難しいです。

採用される職種にもよりますが、中途半端な認識では、実際働き始めても戦力になれないケースも多いでしょう。

 

その他、タクシードライバーや警備員も中高年以上でも転職できる仕事です。特にタクシー運転手は観光や介護での需要も高まっています。

タクシー
タクシー運転手への転職は本当にやめた方がいいのか?ドライバーの将来性や向き不向きも解説しています。

タクシー運転手への転職を考えている方も多いのではないでしょうか。 実際に、タクシー運転手を主人公としたドラマなども多く見られます。マイペースに働けるイメージがあるものの、業界としては厳しい印象を持って ...

続きを見る

資格やスキルを持っていると転職しやすい

40代以上の方でも資格を持っていれば、転職はしやすいでしょう。ただ30歳を過ぎれば資格より実務経験が重視される傾向が高まりますから、評価される資格は限られます。

特定の専門職に必要な資格は年齢に関係なく効果が高いですね。

医療現場であれば、看護師や薬剤師などの資格があれば、ブランクがあっても転職できる可能性は高いです。

医療現場では慢性的に人手を求めている傾向があるため、看護師や薬剤師の資格を持っている方は重宝されます。責任ある仕事ですが、やりがいは感じるので転職してみるのもいいでしょう。

介護の現場では未経験でも歓迎されることが多いのですが、管理する立場の方を求めているケースがあります。そんな時には、介護の資格を持っていると転職する時に有利に働くでしょう。

特に介護業界唯一の国家資格である介護福祉士は、専門的な知識を有していないと取得不可能な資格なので、持っているだけでプロフェッショナルな扱いを受けることができます。

建設関係の資格も持っているだけで有利になる資格が多いのが特徴です。

重要な資格の大部分が国家資格となっているため、評価も非常に高いです。建設業はとくに人の入れ替わりが激しいためか資格が重要視されます。

どの業界でも、資格を持っているだけで転職が有利になるだけでなく、給与などの待遇面でも有利になります。

40代以上の転職で給料アップは難しい

40代・50代の方であれば、会社では十分な給与を与えられることが多いですが、転職となると以前よりも給与が下がってしまう傾向にあります。

特に未経験の業種であれば、一から覚えないといけないため、給与がかなり下がってしまう恐れがあるでしょう。

また、未経験の場合は、良い職場でも1ヶ月ほど研修期間を設けられることもあるので、給与面では気を付けないといけません。

転職したことで希望する年収を得られた方は、半数よりも低いことがデータ上ではわかっているので、給与アップを狙っている方は、迂闊に転職しない方がいいでしょう。

元管理職などマネジメントの経験があれば有利

ただ、管理職経験のある方であれば、どこの業界でも欲しい人材となっているので、転職することで給与アップが狙える可能性があります。

資格によっても、収入が上がることもあるので、自分の能力次第で状況は変わってくるでしょう。

希望する収入が得られない可能性がありますが、キャリアアップを狙い経験を増やしたいのであれば、転職という選択肢も充分魅力ではあります。

40代以上でも転職できる業界は多い

経験豊富な40代以上の社会人は、どの業界でも求められることの多い人材です。

しかし、未経験となると、入れる業界が絞られたり、採用される可能性が低くなってしまう傾向にあります。

計画的に転職を狙うのであれば、資格を取得したり、人脈を駆使するのはもちろん、これまでの実務経験をどう新しい転職先に活かせるかのアピールの仕方も大切になります。

自分の強みを見つけるには、転職のプロであるエージェントの意見を参考にしても良いでしょう。

ただ、基本的には転職すると以前の会社よりも給与が下がる傾向にありますので、転職活動は慎重に行うことをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-転職

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.