投資

株で儲ける仕組みとは?3種類の利益を解説

投稿日:

株で儲けるといっても、具体的にどのように利益を上げるのでしょうか。

株式投資で儲ける仕組みは3通りあります。

  • キャピタルゲイン(譲渡益)
  • インカムゲイン(配当・利子)
  • 株主優待

一つずつ見ていきましょう。

キャピタルゲイン

株価上昇によるキャピタルゲイン

例:A社の株を20万円分買って、30万円まで価格が上昇してから売却。10万円の儲けになった。※税金は考慮しない

このように株式の売買で儲ける方法を、譲渡益(キャピタルゲイン)といいます。反対に価格の変動で損をした場合は、譲渡損(キャピタルロス)と呼ばれます。

キャピタルゲインは最も短期間で大きく稼ぎやすい方法ですが、損するリスクも高いです。

キャピタルゲインを得る基本は安く買って高く売ること。わかりやすくシンプルですが、実践すると難しいのです。

多くの投資家が「株を安く買って高く売る」ために、様々な手法で投資を考えている会社の財務やチャート情報などを分析しています。

インカムゲイン

インカムゲインは金融資産を保有していることで得られる利益をいいます。

最もわかりやすいのが、株式の配当や銀行預金の利子です。不動産投資の家賃収入もインカムゲインの一つになります。

銘柄選びを間違えなければ、限りなく不労所得に近い儲け方です。リスクが低いですが、そのぶん短期間で大きくは儲けられません。

配当金と配当利回り

配当金とは、会社から投資家への分配金のようなもの。利益や財務状況に応じて、配当の額は変わります。

配当金の実績や予想は四季報などでも調べることができます。

四季報(ソニー)

見づらいですが、画像は四季報にあるソニーの配当欄です。

株の購入額のうち何%を配当として受け取れるかを計る配当利回りも重要視されます。

配当利回りの計算式

1株あたりの年間配当額÷購入時の株価

配当利回りの高い株ほど、購入額に対して多くの配当金を得ることができます。

しかし、資産家のように配当金で生活費を賄うとなると、相当数の株を持つ元手が必要なのがわかります。

会社の業績が悪くなれば配当が減る減配もありえます。事前の業績判断や配当の受取権利を見越した売買のタイミングも重要です。

株主優待

株主優待券

株主優待は株主に対して、自社の製品などを優先的に無償~特別価格で提供する制度です。

この株主優待制度を最大限に活用して生活している投資家もいます。

株主優待の例

  • イオン:全国のイオン、マックスバリュなどで保有額に応じてキャッシュバックが受けられる優待カード
  • タカラトミー:オリジナルの「トミカ」や「リカちゃん」などのレアアイテム
  • オリエンタルランド:東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーで使えるワンデーパスポート(有効期限あり)

市場に出回らないレアアイテムが手に入ったり、豪華な旅行が格安で楽しめる優待もあります。

下手に現金収入で稼ぐよりお得かもしれませんね。企業の情報に敏感な投資家の特権です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

もしよろしければSNSでシェアしてくださると嬉しいです。

おすすめ記事

1

この記事ではおすすめのオンライン英会話を比較して紹介しています。 私自身、オンライン英会話を活用してTOEICや英検のスピーキングに対応した経験から、受講者のレベルや用途に合わせて各サービスを評価して ...

2

昔は証券会社の窓口に行って口座を開設して、担当者とやり取りして・・・と面倒だった投資も、ネットで簡単にできるようになりました。 資金が少なくても大丈夫。口座さえ開ければ、好きな時に好きなスタイルで株取 ...

bitcoin 3

2018年1月11日から「DMM Bitcoin」の仮想通貨取引がスタート。それに伴い、口座開設ができるようになりました。 このページでは、初めての方でもわかりやすいように、DMMビットコインでも口座 ...

-投資

Copyright© ミセラノーツ - MISCELLANOTES , 2018 All Rights Reserved.